×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Brandignity

コンバージョンしないサイトの6つの原因

May 12 2013, 09:00 PM by

ウェブサイトへの訪問者が実際の顧客になることを「コンバージョン」と言いますが、これを妨げている原因は数々存在します。例えば、画面が表示されるまでに時間がかかる、ユーザーにわかりづらいデザインになっているなどです。インターネット上には、ユーザーが簡単に閲覧できるウェブサイトであふれています。残念なウェブサイトの例として、説得力に欠ける文章や、不明瞭な製品やサービス内容の説明などが挙げられますが、こうしたサイトは訪れた人たちを一瞬で失います。一方、この問題は時間と努力を費やせば解決することができるのです。コンバージョンの成功を妨げる最もありがちな6つの原因をここに紹介しましょう。
見た目が悪い
訪問者はサイトを見て数秒でそのサイトをじっくり閲覧するかどうかを決めます。その基準はデザインです。みすぼらしいデザインはウェブサイトの魅力を半減させるだけでなく、サイトで紹介されているあなたの会社の製品やサービスのイメージにまで影響を及ぼします。少しの投資額を追加して、洗練されたウェブサイトを作成し、製品やサービスの売上を伸ばす事が賢明でしょう。
行動に結びつかないページタイトルとメタ・ディスクリプション
メタ・ディスクリプションとは、あなたのサイトの要約文を指しますが、有効なコンバージョンはページタイトルとメタ・ディスクリプションが必須と考えましょう。これらは、見込客がサイト訪問して製品やサービスを購入することのメリットを明確に定義していなければなりません。そのためには、ページタイトルとメタ・ディスクリプションにはアクションワードを多用し、彼らの心を掴みます。また、「無料特典」、「特別割引」、「素晴らしい費用対効果」、「返金保証」などはウェブサーファーにとって魅力的なキーワードです。
ランディングページの宣伝コピーがつまらない
最初の文章は重要です。ここで見込客が興味を持ってくれなければ、彼らは即刻次のサイトに行ってしまうことでしょう。ここには、あなたのビジネスが一番自信を持って提供している顧客メリットを持ってきます。見込客に行動を起こしたいと思わせる宣伝文句を見出し部分に置き、パラグラフは興味深い内容で盛りだくさんの5から6行に留めます。そして注意深く選んだキーワードを、文章の中に散りばめれば完成です。
対象ターゲットが広すぎる
ウェブサイトがあまりにも幅広いターゲット層を対象にしていると、あなたの提供する製品やサービスによって一体誰がメリットを得られるのかと言う部分が曖昧になってしまいます。ですから、あなたのサイトのターゲット層を特定し、そのターゲットに対して文章を書くことが重要です。例えば、ダンス教室のプロモーションです。バレエ団出身の元バレエダンサーが講師を務めるダンス教室なら、単にダンスを学ぶための場所、とするよりは、この特徴を謳い文句にしたほうがずっと効果的でしょう。
コールトゥーアクションが不明瞭
あなたのサイトを訪れた訪問者にして欲しい行動を喚起するコールトゥーアクションは特にわかりやすく表示しましょう。そして各ページの最後にこれを記すことで、最大の効果を発揮します。この箇所は、見込客が十分理解しているものと仮定せず、詳しいステップ・バイ・ステップを盛り込みます。ここには各ページの終わりにリンクと手続きの方法に、行動を起こすことへのメリットの説明を添える良いでしょう。見込客にとって明確なメリットである無料の試供品や、初回割引のサービスを含めることも、行動を起こさせるために有効です。
不十分なコンタクト情報
見込客が訪れたウェブサイトに、コンタクト情報がないことほど残念なことはありません。せっかく興味を持って訪れたのに、コンタクト情報の電話番号や住所の表記が無いのはもとより、ひと目で発見できなければ、彼らは急速に興味を失うことでしょう。コンタクト情報は各ページの分かりやすい位置に必ず表示します。質問に対応できる電話番号がウェブサイトで見つからなければ、一瞬で競合他社のウェブサイトに移動してしまうということを覚えておきましょう。
コンバージョンに繋がらないウェブサイトのその他の特徴として、商品やサービスの価格設定が市場価格よりも高かったり、掲載している写真の質が良くなく、企業に対する好印象を抱かれなかったり、または植え付けることができないことが挙げられます。逆に、成功するためには、緻密な努力を重ね、ウェブサイトをぬかりなく作成すること、SEOを強化し検索エンジンにおいて検索結果でヒットすること、ソーシャルメディアを活用することです。

 

カテゴリー: メルマガのコツ, ビジネス展開

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント