×

お問い合わせ

  • メールで問い合わせ
Nolan Wilson

中小企業のホームページ運営で知っておくべき5つのコンテンツ開発戦略

Aug 07 2013, 06:06 PM by

コンテンツ開発の重要性について多くのことが語られていますが、いまだにオンラインでの存在感を作ることがいかにビジネスの成長につながるのかを理解していない個人事業や中小企業がたくさんいます。彼らにとってホームページというものは他のビジネスが持っているようだから遅れを取らないように作っただけのものであって、いまだに商売の大半は店頭を訪れるお客さんが運んできてくれると思っているようです。
ローカル検索とコンテンツ開発
しかしこのような企業は、インターネットを使って地域のサービスを探すネットユーザーが増えてきている事に気づいていません。だからこそ個人事業や中小企業はホームページとソーシャルプラットフォームの両方において効率的なコンテンツ開発戦略を考える必要があるのです。顧客とつながり、関係を築き、ウェブの注目を集め新規顧客を惹きよせるために、コンテンツは非常に重要な要素です。
コンテンツ開発に相乗的なアプローチで取り組む
会社のオンライン存在感についてよく調べると、かなり入り組んでいることが分かります。ホームページのコンテンツ、ソーシャルメディアでの存在感、オンラインマーケティング戦略やリスティングなどは全てSEO、すなわちホームページが検索結果の上位に載れるかどうかに大きく影響しているのです。では多額の予算を持たない中小企業はどうすればいいのかと言うと、相乗的なアプローチに集中し、検索結果ランキングを本質的に上げるためにここで記述する全ての戦略を持ち合わせてビジネスにフィットさせるべきでしょう。
顧客と交流するためのコンテンツを作る5つのアプローチ
あなたのビジネスのホームページ存在感を確実にグッと高める5つのアプローチを紹介しましょう。
  • まず何よりも最初に、自分のターゲットを知る。: ビジネスのコンテンツ開発の基礎となることですが、まず自分のターゲットの興味とニーズを把握しなければなりません。これがコンテンツ、プラットフォーム、フォーマットの基礎となるべき要素につながります。
  • コンテンツはテキストだけじゃない。: 「コンテンツ」と考えると大半の人は文章コンテンツのみと思いがちですが、インターネットでの画像や動画のシェアが広がるなか、今や中小企業でさえも顧客とつながるためにバラエティに富んだコンテンツを用意しなければならない時代なのです。画像や動画ならテキストより高い確率でソーシャルメディアページにシェアされたり、「いいね!」されたり、閲覧される可能性が高いからです。
  • すべてのコンテンツはSEOを考慮した上で開発するべし。: ブログ、ホームページコンテンツ、アンカーテキスト、ディレクトリプロフィールやソーシャルプロフィールにターゲットを絞ったキーワードを含ませましょう。これに失敗するとSEOと検索結果ランキングをアップさせるチャンスが無駄になってしまいます。
  • 教育、エンターテイメント、啓発、交流、
それから営業。: 中小企業がよくしてしまう過ちは「強く押しすぎる」事です。中小企業はウェブの世界に対して「はじめに営業ありき」という姿勢をとる事が多いですが、従来のやり方では問題がなかったとしても顧客は悪印象を持ち、離れていってしまう可能性が高いです。顧客に営業コピーを押し付けなくてもいいのです。おもしろくてためになる情報を「メール配信」「ソーシャルメディア」「ブログ」などで、まず提供してからマーケティングメッセージを散りばめましょう。まずは相手の信頼を勝ち取ってからあなたの製品やサービスを勧めましょう。
  • ダイナミックであるべし。: 新鮮で馴染みやすいコンテンツは読者を「またあのページが見たい!」と思わせます。ページが変わり映えのないような地味なものでは繰り返しアクセスしてソーシャルメディアでシェアしようと誰も思わないでしょう。新しい記事、新しい動画などを取り入れ、情報量の高い資料を用意するなどして顧客を交流に参加させる方法を考えましょう。より多くの人が集まるような場となれば顧客があなたのホームページに戻ってくる確率も上がるでしょう。

以上のアドバイスを実践してみればあなたのビジネスのコンテンツ開発戦略も軌道に乗るはずです。効果的な開発戦略を持てばビジネスもネット上で成長を成し遂げ、オンラインでの存在感も拡大していくでしょう。
(翻訳:塚本仁希)

カテゴリー: メルマガのコツ, SEO, ビジネス展開

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント