×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Yo Noguchi

退屈なメルマガを一新する簡単な方法【メールマーケティング戦略の改革】

Oct 31 2012, 01:00 AM by

どんなビジネスでも生存を続けるにはマーケティングが必須です。しかし、同じアプローチを繰り返していては次第に新鮮味がなくなってしまいます。ライバル 社と競争関係にあり、絶えず変化し続けるトレンドに追いつかなければならない立場のビジネスにはチェンジはいいものです。
最善のビジネス戦略でも頻度よく更新しなければなりません。そこで今回はメールマーケティング戦略をリフレッシュする簡単な方法を紹介しましょう。
新鮮で新しいデザイン
よく、物事を見かけで判断してはいけないと言いますが、実際はどうでしょうか。薄っぺらい表紙にごく普通の文字が書かれただけの本より、綺麗に装丁された立派な見栄えの本の方に目が行くと思いませんか?これはメールマガジンに関しても同じ事で、延々と続く文章が綴られたものより、立派な本と同様に印象強いデザインで想定されたメッセージの方が読まれるものです。最近反応が下がってきたなと感じるなら、ページのデザインを更新するだけでまた元の反応へと戻るでしょう。祝日や季節に合わせてデザインを変えるだけで、今まで離れていった読者達の何人かがあなたのメールマガジンにまた関心を持ってくれるようになるかもしれません。
新しい挑戦
あなたのメールマーケティングに必要なのは一からの大改革なのかもしれないし、ちょっとした微調整だけなのかもしれません。どちらにせよ、新しい挑戦を試みるのは悪いことではありません。あなたのビジネスに必要なのはメルマガ配信を利用してユーザーやメルマガ登録者に特典を与えることかもしれません。交流の頻度を減らして、逆に質をあげたいと思っていたからメルマガを作ろうという案になるかもしれません。初めてのステップメールを試みる、あるいはソーシャルメディアなど他のオンラインマーケティングとメールマーケティングを連携させるなど、新たなアプローチをかける事で挑戦に新鮮さが導入されます。
オーディエンスにあわせて変化する
この数年間、時代の変化に適応する為にブランドイメージを変革するブランドをいくつか見てきました。そのうちのいくつかは、会社のターゲット層の進化に追いついていくための再ブランディングでした。メールマーケティングをリフレッシュするためだけにブランド再構築の必要はありませんが、オーディエンスにあわせて更新をするのは悪いことではありません。あなたの読者は本当に携帯やスマホなどでメールをチェックしているのでしょうか、それともデスクトップPCを通してメルマガを閲覧しているのでしょうか。オーディエンスが対応できないほど大きな改革を決行する前に、向こうが本当に望んでいるものは何なのか詳しく調べてから行動しましょう。

メールマーケティング戦略を一新するカギは自分のビジネスの事と、ビジネスが正しい方向に進むには何が必要かを正直に判断する事です。今までの戦略が大体上手くいっていたからと言って新しい戦略ビジョンを持つのを恐れていてはいけません。メールマーケティングをないがしろにしておいては、中途半端のまま、ライバル社達が目標達成に近づくのを見届けるハメになってしまいます。

カテゴリー: メルマガのコツ, メール配信テンプレート

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント