×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Madison Moyd

成功メールから学ぼう - 8月版

Aug 05 2013, 06:00 AM by


成功メールから学ぼうシリーズ8月版へようこそ。今回も成功メールとその秘訣についてお話していきましょう。

Aesthetic Images Photography


最初のメールはAesthetic Images Photographyからのものです。このメールは私自身を含む多くの読者が抱える問題点を見事に解決しており、最初にご紹介するのにもってこいの例と言えます。メールを開封し、ざっと見て、そして削除またはそのまま受信箱に放置というのがメールを読む時間が無いときのお決まり行動パターンです。受信箱にあるからといって後で読むとは限りません。しかしこのメールはそんな行動パターンでもきちんとメッセージが伝わるよう工夫されています。

成功の秘訣:
  • カラー&サイズ: 下部に多少の配置問題はあるものの、目を引くカラーとヘッドラインで大成功しています。目を背けたくなる様な派手派手しいカラーではなく、だからといって気付かない程ソフトでもありません。また見逃すのが不可能なほどの巨大テキストを採用しているのも成功へのヒントです。

  • コンテンツの簡潔化: 大抵のメールはロゴやヘッダーから始まりますが、ここではプロモーションが最初に配置されています。削除されるか放置されるかに関わらず、メールを素早くチェックする際に、このメッセージを見逃すことはまず無いでしょう。Aesthetic Images Photographyは読者をよく知っているためプロモーションメールで多くを語る必要はない、という印象を受けます。新しい読者にはその他の情報を読んでもらうような作りになっています。
ida Los Angeles


次にご紹介するのは、様々に異なるクライアントにデザインサービスを提供する集学的デザイン会社、ida Los Angelesからのメールです。これはギャラリーイベントへの招待メールです。

成功の秘訣:
  • 簡潔さ: この作品はとても小さく、メールとはとても思えないところが成功の秘訣です。一番下のハイパーリンクを無くし、紙媒体で流通させたとしてもきっと成功を収めていたに違いありません。メールの種類に関係なく、メールを読むためだけに時間を使いたい人は皆無だということを念頭に置いておきましょう。

  • ブランディング:過去のブログからすでにお分かりだと思いますが、私自身ブランディングが大好きです。送り出す全てのコンテンツをブランディングする会社ほど心躍らされるものはありません。コンテンツをウェブサイト/ブランド(http://www.go2ida.com)と一致させることで評判を築き、ブランドへの信頼をそのままメールにも反映させることが可能です。
Fast Forward


お次はFast Forwardからのメールです。これは中学校、高校、短大の生徒と教員が輸送会社についての知識を深めるための取り組みです。

成功の秘訣:
  • 一貫性/フロー(流れ): Fast Forwardは繰り返し同じレイアウトを使用しており、とても長いこのメールではかなり効果的です。背景デザインはありませんが、この反復するコンテンツで読者を引きつけ最後まで読みたくなるメールの作成に成功しています。

  • メール案内: 個人的にメールデザインの中でもお気に入りの機能です。メールのその他の部分を読んでもらえるかは分かりませんが、2つ目の青いバー(サブヘッドライン)にて読者が興味を示すであろうセクションがあることを伝えています。この組織は生徒をターゲットにしているため、奨学金やインターン制度を強調するのは素晴らしいアイディアと言えます。ターゲット層が誰なのかを常に考え、彼らにとって有益な情報を提供するメール内容を心がけましょう。
QNAP Security


次にご紹介するのは世界最初に Linux搭載ネットワークカメラを考案したQNAP Securityからのメールです。このニュースレターは月に一度メール配信されており、とても良い出来で読者はこの組織の全てのアップデート情報を得ることが出来ます。

成功の秘訣:
  • サブヘッドライン: サブヘッドラインを採用するメールはとても珍しいです。QNAPのメールはお手本としてぜひ参考にしましょう。特定のセクションを探していても、また単にメールを眺めているだけでも、何のトピックについて読んでいるのかが正確に理解でき、読者が他に目を引くトピックへと進む可能性が期待できます。

  • 多彩な情報: サブヘッドラインに話は戻りますが、このニュースレターは多量の情報を含んでいます。読者が読み続けたくなるようなレイアウトやデザインである限り情報を詰め込むのになんら問題はありません。サブヘッドライン、レイアウトデザイン、ページ空白を上手く活用しており、多量の情報を含むメールも成功することを証明しています。
Ionic Systems Ltd


最後にご紹介するのが、The Reach & Washシステムの製造者、Ionic Systemsからのメールです。このメールは2013年度Reach & Washシステム巡回興行の開始のお知らせと新システムの紹介をしています。

成功の秘訣:
  • レイアウトデザイン: このホワイトスペースが素敵ですね。このレイアウトではボックスの中にすぐに伝えたいコンテンツを挿入し(要約)ホワイトスペースで詳細を提供しており、この2つのバランスが完璧です。ホワイトスペースは強い味方です。一番の味方といっても良いでしょう。

  • 円形の使用: レイアウトの美しさもさることながら、このメールではある特定の形が繰り返し使用されており、ぜひ真似したいと思いました。よく見ると「Reach & Wash」ロゴの背景に薄い丸が使用されています。同じようにアウトライン、ページや記事を分ける箇所にも丸形が使用されているのが分かります。とっても良いアイディアだと思いませんか?メールが一体感を持てるよう時としてパソコンから一歩離れてみることが大切です。

 

カテゴリー: メール配信テンプレート, Benchmark Series & Contests, Email Marketing Tips

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント