×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Star Marketing

5つのマルチメディアを活用して実現するオンラインマーケティング戦略

Oct 05 2011, 07:33 PM by

ビジネスをスタートさせたばかりのひと昔前、私たちのマーケティングは主に印刷物が中心でした。マーケティグ代理店としても印刷物を取扱い、コストの高いテレビやラジオ制作は避けていました。あの頃は、自宅のリビングの床に座り郵送物を分別したり、ラベルを貼った郵送袋に大量に詰め込んだりしてDMや印刷広告をたくさん出していました。ステイック糊やステンシルなどでレイアウトを作成したのも覚えています。まだPhotoshopが出始めたばかりの頃で した。

コンピューターが爆発的に売れ始めていたあの頃、インターネットが登場し、手作業で切り貼りしていたレイアウトはあっという間にデジタル化され、ネットは日進月歩の速さで進化し、追いついていけないほどでした。検索エンジンといえばYahoo! eBayやamazon.comも人気急上昇中でした。人々はインターネットに関係する株価が必ず上がるという期待から、片っ端からそれらに飛びついていました。

その後、株価が大暴落し、ネット業界も打撃をくらいました。その時学んだ教訓が、「使い方も利益の出し方も分からない内にむやみに新しいテクノロジーに飛びつかない事」私達はその事をしっかり肝に命じ、それから多くの利益を生み出してきました。
メディア・マーケティングの設計図
昨今は今までにない程、マーケティング選択肢にあふれています。いまやインターネットはひとつのメディアではなくなり、チャンスとリスクで溢れた巨大な雲のような存在です。このパズルに挑むには、まず学び、そして試す事。実際に私たちの会社とクライアントの目標達成を成功させた手法をいくつかご紹介しましょう。

ネット上でのプレスリリース - 重要ポイントは「面白いネタ」です。2つ、3つのキーワードを含んだ文章でまとめてから、ロゴと連絡先がついたテンプレートに付け加え、ダウンロード可能になるようPDFとして保存しましょう。主旨が合うのであれば、プレスリリースはウェブサイトやブログ、Facebookなどに掲載したり、顧客へメール配信を行いましょう。Twitterでもキーワードを使えば、プレスリリースとの関連性を強め、ヒット数が上がります。

PPC & SEO - PPCを利用して予算に適したキーワードを探し出します。いいキーワードを見つけたら、それ中心にページを作りあげる。もしくは、更新します。新しく作成したページは(メインページへのアクセスはない)ランディングページか、サイト内のページにするとよいでしょう。

動画 - 2番目に大きい検索エンジンであるYouTubeを活用し、クライアントのために動画キャンペーンを制作したところ、大反響を呼びました。クリック数を上げる事が目標であるのなら、ヒットするキーワードを1つか2つ、必ず動画につけるようにしましょう。他の動画サイトにも投稿します。ただ、たくさんあるので注意して見比べてから動画サイトを選びましょう。

ブログ - 影響力があるツールではありますが、目標に沿ってなければいけません。ビジネスに人間味のある印象を与えることが成功に繋がります。社員や企業内で働いている人が担当する必要があります。

Facebook & Twitter - ホームページへのアクセス数増加のためにキーワードを使っていますが、FacebookやTwitterではPR戦略でよりよい反応が得られます。独自のネットワークの中ストーリーが拡がります。多くの企業はFacebookやTwitterを会社の宣伝の為に活用していますが、ストーリーがあるものが一番効果的です。 またFacebookは、小売業にとっては消費者とのコミュニケーションに役立つメリットがあります。ストーリーが拡まり注目されることで、あなたのビジネスを知らなかった人、商品を買うことができない人が、興味を持ち関わってきます。

 

カテゴリー: メルマガのコツ, ソーシャルメディア, SEO, ビジネス展開

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント