×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Shireen Qudosi

LinkedIn活用法

May 10 2011, 02:09 AM by

Facebookなどのソーシャルネットワークを超えたネットワークを求めている方には、特にビジネスに特化したLinkedInがおすすめです。

もしあなたが多くの人と関わらなければいけなく、それが何百万といった数だとしたら圧倒されてあきらめるでしょう。 ターゲットを定めたとしても、的確な人物を探し出すには時間や手間がかかります。もし、手早く興味のある人を探すことができたら楽ですよね?

LinkedInはそれを可能にします。LinkedInユーザーの平均年収は109,000ドル(約900万円)。30の業種から約7,000万人のユーザーが登録しており、企業で決裁権を持つ約45%がLinkedInに書き込みをしています。ここで質問です。なぜあなたはLinkedInを使用しないのですか?

はじめ方はいたってシンプルです。まずプロフィールを作成し、既にあるネットワークとリンクさせます。そしてネットワークからの推薦や紹介を活用します。Yelpビジネス版のようなイメージです。

LinkedInはコネクションを拡げる様々な機能があります。Facebookと異なり自由かつ簡単にあなたのコンタクトリストに連絡することが可能です。 LinkedIn社は、更に便利な機能の立ち上げで忙しい日々を送ってます。今現在LinkedInでは幅広いアクセスを増やすため第三者のより詳しいプロフィールの確認や直接連絡を可能にし他ユーザーがあなたのアカウントにアクセス出来る有料機能を3プラン25ドルから提供しています。

LinkedIn はFacebookが大成功した広告キャンペーンにならい彼ら自身のターゲティング広告を提供し始めました。 私もよくFacebookの宣伝を使用しますが、ターゲットに対してより的確で効果的なLinkedInの仕様を好みます。 もしブランドの宣伝をするのであればFacebookがベストです。しかし、クライアントを獲得し自身を業界に売り込むことが優先ならばLinkedInがおすすめです。

広告費を払わない無料機能でも他の会社や同業から注目されることが出来ます。効果的なツールの一つがオピニオンリーダーとなり自分自身のグループを作成することです。あなたのビジネス市場を考え、少しマーケットリサーチをすることによって競争相手が分かるようになります。そこで先程のツールを使用しグループを作成することで、有益な情報を得る事が出来たり情報交換が行えます。

しかし、ビジネスのプロフェッショナルがいる一方、ごく平均的な人が仕事を探している場合があります。問題は、その人が普通だということ。きっとその人の履歴書はほかのたくさんの履歴書の中に埋まっているでしょう。昔の人事はジョブフェアトなどを採用活動していましたが今はそうではありません。最近ではTwitter, Facebook, そしてもちろんLinkedInでの採用活動が一般的となってきています。LinkedInは採用側そして仕事探しをしている側にも的してます。ちょっと古いが名言。”何を知っているかじゃない。誰を知っているかだ。”
もしご自身でビジネスをされている、もしくはスタートしようとしている方も同じです。LinkedInはビジネスを注目させたり、同じ分野のキーパーソンとコネクションを作ることが出来る重要なオンラインマーケティングツールです。

 

カテゴリー: ソーシャルメディア, オンラインツール&アプリ, ビジネス展開

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント