×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Hal Licino

ソーシャルメディア上での影響力がわかる「Klout」を利用した新しいマーケティング手法

Jul 15 2013, 06:46 PM by

あなたのメールマガジンやニュースレターを受け取る購読者やソーシャルメディアの フォロワー達は全てが同じではありません。他よりもっと価値のあるフォロワーもいますが、これは購入額ではなく、影響力によって決められています。今では 顧客がソーシャルの繋がりにおいてどれだけの影響力を持っているか解析すれば、その度合いによってカテゴライズする方法があるのをご存知でしたか?
従来のやり方から180度変わった
従来の広告の購入法は特定の媒体のターゲットの規模によって決められていました。たとえば、あるラジオ番組にCMを流したければ15分ごとの聴取率と全体的な聴取者数を調べ、一人あたりのコストを踏まえながらなんとか予算内に収まるまで宣伝費を割り出し、番組のCM枠を買うのがふつうのやり方でした。

このように、クライアントベースと直接つながりを持つための道具にすぎない媒体に頼っていたマーケティング法はソーシャルメディアによってひっくり返されました。今ではブランドそのものがソーシャルメディアで存在感を出し、魅力的なプロモーションでフォロワーやファンを寄せ集める事ができます。慣れない人には単なる数字の大きさで競いあっているように見えるかもしれませんが、それではソーシャルメディアの働きの根本を見落としていることになります。ソーシャルネットワークのキーワードは「シェア」。だからこそあなたのブランドを愛用しているフォロワーよりも、あなたのブランドを愛用し、かつ多くの人にあなたの商品を買わせられる影響力のあるフォロワーの方が何倍も魅力があるのはお分かりでしょう。
影響力を持つ人物を探すには
あなたのリストに載っている何千、あるいは何百万もの名前の中からどうやって「ブランド宣教師」を探せられるでしょうか?最近ではマーケティング担当者のためにソーシャル上で影響力がある人物を解析するサイトもいくつか現れました。そのひとつがKlout.com。ソーシャルネットワークのデータを解析し、下のような基準でユーザーにスコアを付けるのです。
どれだけの人に影響を与えているのか
どれほどの影響力なのか
彼らから影響を受ける人達の影響力はどうなのか
個人の影響度ランキングの最終判断は「Klout(クラウト)スコア」によって出されます。このスコアはソーシャルネットワークに参加している個人の影響力と価値を1から100までの数字で、驚くほど正確に表せるのです。
Klout(クラウト)トップインフルエンサーはお金じゃ買えない?
当たり前のことですが、Klout(クラウト)のトップにランクされている人物はタレント、セレブなどの著名人ばかり。有名ブロガーやソーシャルメディア業界人も少なからず載っています。彼らのような「インフルエンサー」はトップのエンタメ事務所に所属しているので、億単位の金額が関わらなければブランドを宣伝することはまずないでしょう。

メールやソーシャルメディアで活動するマーケティング担当者が低コストで効率良い宣伝を実現させるには、会社のメール購読者リストやファンベースの中で比較的Klout(クラウト)スコアが高い個人を見つけ出すことがカギとなります。エア・ジョーダンの記録的な売上に貢献したマイケル・ジョーダンの影響力には程遠いでしょうが、彼らは信頼性が高いブログを持っていたり、専門分野の掲示板において詳しい知識を共有することで尊敬されているなど、様々なソーシャルネットワークで影響を広げてきているでしょう。彼らのプロモーションの最終結果は毎回同じです。あなたのブランドについて誠意を持って宣伝してもらえれば、多くの人にあなたのカスタマーになる事を検討させる流れになるでしょう。
インフルエンサーに評価を依頼する
個人フォロワーやファンのKlout(クラウト)を調べるシステムができた今、従来の宣伝モデルが完璧に180度ひっくり返りました。オーディエンスの一部の特別な人たちにブランドの存在をアピールすれば、もう媒体に広告費を払わなくてもオーディエンスにメッセージを届けられるのです。しかし、トップ「クラウター」達に、これだけ払うからうちの商品を宣伝してくれないか、などと突然メールを送るのは不躾と思われるでしょう。それよりも相手に商品を提供し、「評価とレビュー」を依頼する方がより受け入れられやすいようです。肝心の評価がどう出されるかはもちろんクラウター本人次第です。※アメリカン航空が実施したKloutを利用したマーケティングはこちら

Klout(クラウト)などのソーシャル影響力インデックスはメールやソーシャルマーケティングの次の時代の象徴かもしれません。セールスメッセージを全く新しいオーディエンスに伝えてくれるカスタマーを特定する方法はこれから少なくとも7,8年間はオンラインマーケティングの成功をもたらす重要要素になると言えるでしょう。
(翻訳:塚本仁希)

カテゴリー: メルマガのコツ, ソーシャルメディア, オンラインツール&アプリ, オンラインブランディング

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント