×

お問い合わせ

  • メールで問い合わせ
Denise Keller

Welcomeメールの魔法

Nov 27 2012, 11:34 PM by

ユーザーの登録やメルマガ登録直後にステップメールな どを利用して送信するWelcomeメールは新規登録者との交流のなかで最も重要なものになります。このメッセージはただの自己紹介以上のもの、今後の双 方の関係の第一印象を決める交流の場であるべきです。今回はビシッと決まるWelcomeメールを簡単に作成する方法をご紹介します。
親しみが感じられる語調で
Welcomeメールは今後の流れを決める力を持っています。この一番最初のメッセージで出すトーンがカギです。要するにこれはあなたと登録者の間の関係の始まりなので、親密感が感じられる語調を使うのが一番です。登録者をメール上の関係に招き入れる際に、相手にこれから自分は何か特別な事を登録者に対して始めようとしている、少数の人しか知らない情報を知れる、という気にさせるのが大事です。単なるメーリングリストではなく登録者とあなたとの関係性を築く大切なリストなのですから。自動返信(ステップメール)を通して送信されたWelcomeメールであっても、なるべくパーソナルで会話のようなタッチであった方がいいと思います。第一印象で全てが決まるので、ここは力を入れましょう。
再度、利益を確認させる
そもそも、登録者があなたのメーリングリストに登録したのは何が目的、またはきっかけだったのでしょう?コスト削減への期待?ビジネスに役立つ有力情報?それとも資産を増やすコツ?なにであれ、ここでWelcomeメールへの登録から得る利益について改めて説明をしましょう。日頃からたくさんの事を頭の中に抱えている登録者にとって、あなたはメールを送ってくる複数の送信元のひとつに過ぎないのですから。あなたのメーリングリストへ登録したことによる利益について新規登録者に再確認させると、認識が一層高まります。そしてなにより、あなたから送られる今後のメールへの期待が高まる理由になるのです。
オファーも一緒に
Welcomeメールの中にオファーを含むのはどうかと思うかもしれませんが、これが実はいいアイデアだったりします。うまく伝える事ができれば、親近感とフレンドリーな語調で築きはじめた「特別待遇」の感じを更に深め、読んでいる登録者を特別な扱いを受けているような嬉しい気持ちにさせる事ができます。もちろん、あまり過度なセールスは避けたいものですが、さっそく最初からバッターボックスに立てるんだったら、大きくホームランを打ちたくないですか?もしこの方向で進むとするなら、ハッキリと明確なアクションへ繋がることを考え、オファーが登録者自身に関連性があり、意味のあるものである事を必ず確認しましょう。最初のオファーが価値ある事であるかを確認する事は非常に重要なポイントなので、気をつけてください。
迷ったら、とにかくやってみる
Welcomeメールの重要性を低くカンが手はいけません。他の事のついでに、と過小評価する方もいますが、新規登録者が今後もあなたに注目を向け続けるかどうかはこれにかかっているのです。それでもまだどうアプローチをかければいいのか分からない?なら2つのアイデアに絞って、A/Bテストを行い試してみればいいのです。メールマーケティングで正解を見つけたい時は、テストを行う事は決して間違いではありません。
 
(翻訳:塚本仁希)

 

カテゴリー: メルマガのコツ

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント