×

お問い合わせ

  • メールで問い合わせ
Yo Noguchi

到達率向上へと繋がるオプトインメール

Sep 02 2013, 11:44 AM by

いくつものマーケティングツールが存在する中で、オンラインマーケティングツールとしてのメール配信は最良のツールの一つとも言えます。しかし、宣伝やプロモーションとして使う際、メール配信には正しい利用法と間違った利用法があります。正しい利用法とは常に、受信側の同意を得ていることを意味する『オプトイン』を前提に行うメール配信であることです。ここでは異なった3つのオプトインについて説明させて頂きます。
シングルオプトイン
シングルオプトインは、最低限の項目はクリアしておりCAN-SPAM法(日本国内では特定電子メール法)に遵守している事となります。あなた のホームページに訪問した人が、自分に興味があるニュースレターやメールマガジンを提供している事を知り、掲載されている登録フォームに名前とメールアド レスを入力するとします。登録されら情報はあなたのメーリングリストに追加され、Welcomeメールが送信されその後は定期的にメールキャンペーンが配 信されます。このシナリオは、一度に新しい購読者へと連絡する許可を得て、メールの関係性へと進んでいます。このアプローチが間違ってはないですが、 最も顧客になりそうな人、つまり潜在的顧客をメーリングリストに集めることに限っては、もっとも信頼できる方法というわけではありません。
ダブルオプトイン
メールマーケティングの世界において、ダブルオプトインはベストな手法だとされています。(そしてBenchmark Emailが好むものでもあります)シングルオプトインという名称とダブルオプトインという名称で、基本的にどのような違いがあるかご想像できるかと思い ます。全てを一度にというアプローチをとる代わりに、訪問者が興味を持ち登録フォームに入力したあと、あなたは彼らにフォローアップメールを送りニュース レター/メールマガジンの配信希望について再度確認を行います。(通常、フォローアップメール内のリンクをクリックし意思表示するといった簡単なプロセ ス)そこから、本リストに彼らを追加し、登録完了メッセージとなるWelcomeメールを 送信し関係を進展させていきます。この簡単な追加ステップがメーリングリストの質全体を改善し、そしてリストを反応がある熱心な購読者でいっぱいにするこ とに大いに役立ちます。また、ダブルオプトインでは確認メールを送る為、入力誤りのメールアドレスや、第3者によるなりすまし登録を防止します。
ソフトオプトイン
最後にもっともな理由からあまり多くのメールマーケティング担当者が好まない選択肢です。簡単にいうとソフトオプトインはメールによって誰かと 連絡をとるための一時的な同意もしくは許可の方式です。例えば、展示会などでメーリングリストに追加されるのには抵抗があるが、あなたのソリューション/ ビジネスについて、もう少し詳しい情報を欲しいという人に出会った場合、ソフトオプトインを使うことによって、個人情報保護法に触れることなく連絡を取る ことができます。ただし、このオプションには、『内容が現行の製品やサービスに関連していること』『メールの配信を停止できることを知らせ、配信停止方法 を提供すること』などいくつかの詳細な規定があります。言うまでもなく、あなた のメールマーケティングにおいてソフトオプトインを取り入れる場合には、細心の注意が必要です。

実際に顧客と会って名刺交換を行い、メールを送る許可を得ることは、確かに合意の上での行為です。ただし、この場合、この顧客があなたと会ったこ とや、ニュースレター/メールマガジンを申し込んだことを忘れてしまうかも知れないという危険性 がより高くなります。最悪の場合、あなたからのメールを迷惑メールとして報告し、送信元であるあなたのメールアドレスの信頼性を損なうことになりかねませ ん。そのため、 Benchmarkでは、この形態のオプトインは避けるべきであると考えております。

このような場合、Welcomeメールや今後メールを受け取る意思があるかを確認するメールを送ることによって、ソフトオプトインを強化すること ができます。この確認により、ソフトオプトインを認証オプトインに変えることができ、より適切な方法へと改善させることが出来ます。

 

カテゴリー: メルマガのコツ, リスト管理&登録フォーム

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント