×

お問い合わせ

  • メールで問い合わせ
Shireen Qudosi

セグメンテーションの活用:顧客プロフィールの作成方法

Oct 03 2013, 03:00 AM by


多くの会社がソーシャルメディアや新しいメディアを利用したノイズ(話題)自体がベストな手法であるとあたかもしている為、マーケティングの役目が良く解らない状況になっています。ただ存在するだけでは足りなく、また頻繁に活動し強い存在感があっても十分ではありません。ちょっと人の耳に入る程度です。

これらの手法の問題は、ターゲット層を限定することができない事です。これは店舗をオープンして顧客を呼び込もうとしているのに、外の霧が深過ぎて誰が顧客であるかも見えない状態と類似しています。この問題を解決するには、ターゲットとなる顧客層を明確にしなければなりません。その後は以下の2項目を達成する戦略的アプローチを取ることができます:(1)市場セグメンテーションの確立、そして(2)戦略的プロモーションの実施です。

市場がセグメンテーション化されると言うことは、広範囲の人々に対するマーケティングプランの必要性が無くなるということです。万人にアピールする会社というのは無く、世間一般に向けてのマーケティングは時間と資源の無駄になってしまいます。セグメンテーションは顧客情報を複数の種類に分ける事が出来ます。一般的なビジネスであれば顧客は4つのカテゴリーに分割することができます:地理、人口統計学、心理学、そして行動学です。例えば地理別に顧客を分割し、特定の郵便番号地域をターゲット層としていたとしても、人口統計学の視点で最適なターゲットは一定以上の収入のある結婚したカップルであることが判明する事もあります。心理セグメンテーションでは個人の性格やライフスタイルをターゲットにしてる中、行動学は「望ましい商品価値や価格感度、ブランドへの忠誠心などの特色の分析」に使用されており購入パターンを決定するのに最適です。

適切なセグメントへと分割する為に顧客層についての十分な情報を獲得し細分化する事が次のステップとなります。調査方法は多数ありますが、共通して鍵となっているのはアンケートです。アンケートは「現時点での顧客、過去の顧客、購入予定の無い人、購入を考えている人、見込客、ウェブサイト訪問者」など異なるターゲット層に対して行います。質問内容はアンケートをお願いするタイミングによって異なります。一般的なアンケートでは質問となるトピックは広範囲となります。そしてセグメンテーションに活用できる住居地域やその他の要素を特定するような質問をします。ただ時としてアンケートに答えてもらう様お願いするのは簡単ではなく、マーケティング担当者は回答を得られる貴重な機会を最大限に活用しなくてはなりません。商談後や商品購入後アンケートがその良い例です:特に後者は購入日から3−6ヶ月後にもアンケートを実施することで、顧客満足度を高く保ち次の商品購入への可能性を開くことができます。

キャンペーンをより良い結果へともたらす効果的なセグメンテーションを取得するには、それぞれタイプ別の回答者に適したアンケートを作成しなくてはなりません。大体の数値で言うと顧客への質問は25個以下、見込客は15個以下、それ以外には10個以下が適切でしょう。全てのアンケート結果はプロフィールの質を上げるのに役立ち、特に「ターゲティング広告」「効果的なマーケティングメッセージの作成」「販売促進と購入機会の提供」「商品開発と価格設定」「競合商品の評価」を行う際に有益な情報となります。

カテゴリー: メルマガのコツ, リスト管理&登録フォーム, Email Marketing Tips

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント