×

お問い合わせ

  • メールで問い合わせ
Hal Licino

メールマーケティングでしてはいけないトップ15

Aug 27 2012, 05:02 PM by

今から挙げる15の「メールマーケティングでしてはいけない事」にひとつでも該当するものがあれば、今すぐ改善しましょう!(もしかして全部当てはまってるかも?!)
  1. スパム(迷惑メール)を送信する。 – 基本中の基本ですね。もし少しでもスパムの要素を匂わせてしまえば購読者にメールが届く可能性は限りなくゼロに近くなってしまうでしょう。

  2. カンマとか、句読点を…たくさん、使う!!! – 漫画に出てくるようなドラマチックな台詞を真似しなくてもいいですから、疑問形の文章は抑え、ハッキリと明確な発言を「。」で区切るようにしましょう。「!」マークを何度も連発するのもNGです。

  3. メールを一斉送信する。 – メール配信は、大手ISPが認識できる特定のスピードで送信されなければなりません。大手メールサービスプロバイダはあなたのメールマガジンがネット回線を混雑しないように配慮しています。

  4. リストを購入、またはレンタルする。 – なぜ、これがNGなのか説明が必要だと言うなら、あなたはメールマーケティングとは違う別の方法を見つけるべきでしょう。例えば、洗車作業員とか犬の散歩屋なんてお仕事の方が向いているんじゃないですか、、、?

  5. 古い顧客リストを使っている。 – 顧客は常にメールアドレスを更新しています。顧客リストも常に更新されていないのなら、メールのほとんどがエラーとして返ってきたり迷惑メールの苦情の対象となってしまうでしょう。

  6. エラーとして送信出来ないアドレスに送信を続ける。 – すでに存在しない、またはブロックをかけられているアドレスにはすぐに、遅くても次のメール配信までには必ずリストから外しましょう。

  7. 大きな画像だけで送信する。 – 「メールマガジンのレイアウトをフォトショップで作成し、ひとつの大きなJPG画像にして送信した方が楽そう。」という気持ちは分かります。しかし、「画像を表示しない」自動設定になっているブラウザの多くや小さな画面でメールの情報を正しく表示する携帯デバイスの事を考えると、メールは小さい画像やテキストボックスを組み合わせて作成した方がいいでしょう。

  8. 英文字のテキストを全て大文字にする。 – これだと非情にうるさい文体になり、間違いなく迷惑メールと認識されますよ!文字のサイズや文体は適度を守りましょう。大文字ばかりの文章を送信しても、あまりいい効果は期待できません。

  9. 迷惑メールフィルターにひっかかりやすい言葉を連発する。 – 「当選」「当たる」「無料」「痩せる」「などなど、迷惑メールのフラグを立てやすい危険キーワードがあります。件名やメールの出だし文章だけでなく、本文全体においても連発がないよう気をつけましょう。

  10. デッドリンクを取り付ける。 – クリックしても行き止まりのリンクは読む側にとって非常にイライラするものですし、あの恐怖のスパムフィルターを引き起こす可能性もあります。メール内のリンクがちゃんと作動するだけでなく、つながるべきランディングページにつながっているよう、メールの内容を配信前に必ず確認して下さい。

  11. ファイルを添付する。 – 添付ファイルはメールのサイズを重くするだけでなく、ネット速度を落とす理由となり、メールが正しく送信されなくなる恐れがあります。マルチメディアファイルを一緒に送信したい場合は必ずホスティングページに掲載し、ダウンロードやストリーミングができるリンクをメール内に貼り付けましょう。

  12. メール送信元を会社名にする – 受信者は、どうせなら会社名から送信されたメールではなく、あなたの社内の人物、できれば社長やCEOなどの名前が入ったメールを受け取りたいと思っているのではないでしょうか。

  13. 全ての購読者に同じメールを送信する。セグメントという言葉をご存知ですか?顧客に向けて最適なマーケティングを実践するために最も重要なポイントです。年齢、エリア、興味別などで顧客リストをセグメントし、それぞれのグループにアピール性の強いメールを別々に送信しましょう。

  14. 書いたらすぐ送信する。 – 驚くほど多くの有名企業でさえ小学生でもすぐに分かるような誤文を含んだメールを何万人もの登録者に送信してしまう事があるのです。このような恥ずかしいミスをしないためにも、100%間違いのない文章のメールだと確信できるまで「何度も感じの返還ミスや分包をチェックしましよう。」(何度も漢字の変換ミスや文法をチェックしましょう)

  15. HTMLだけで送信する。 – テキスト受信(HTMLを受信しない)顧客を見捨てることになります。
メールマーケティングは、正しい方法で実践するブランドには必ず結果を出してくれます。(そうしない会社のメールは迷惑メールフォルダに落とされてしまうかもしれませんが)。最良のメールマーケティング方法を習得して確実な成果を出しましょう!

 

カテゴリー: メルマガのコツ, メール配信テンプレート, リスト管理&登録フォーム

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント