×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Shireen Qudosi

ライフスタイルを反映したマーケティングコンテンツが必要なワケ

Dec 19 2013, 03:00 AM by


平均的な中小ビジネスはマーケティングコンテンツに対して無頓着です。これはどの様なマーケティングコンテンツを押し出しているかを見れば一目瞭然です。大抵が想像力を欠いていて、顧客にアピールできていません。インスピレーションを提供し顧客の想像力をかき立てる代わりに、商品が何であるのかを淡々と説明していては面白味の全くないコンテンツになってしまっています。お客様は商品の機能はよく把握しています。それ以上のレベルで考えなければいけません。ただの商品説明では顧客を引き付けることは不可能です;それよりも商品がなぜ魅力的なのかを伝えましょう。

この欠点が最も顕著に現れるのが商品撮影です。実際に見た事があるので分かりますが、仕事のできないマーケティングチームは、商品撮影に必要なのは基本的な撮影機材、小道具、そしてオフィスの角に設置する撮影現場で十分だと勘違いしています。残念ながら、これでは火を起こすのに2本の濡れた枝をこすり合わせるのと等しいと言えます。努力は認めますが、全ての撮影の究極のゴールである売上に結びつけるのは難しいでしょう。また、高品質のカメラや照明に多額の予算を使っても、利益を生み出すコンテンツの作成に必要なビジョンが欠けていては意味がありません。

しかし商品画像やビデオの必要性に気付いたことは褒められる点であります。ただそれだけでは十分でなく、アートディレクターやプロのクリエイターの仕事をマーケティング担当者がこなせると思っていてはいけません。例えばソーシャルメディア担当者が撮影いろはの「い」の字も知らなかったとしても驚くべき事ではありません。またマーケティングのグラフィックデザインチームも、写真の編集はお手の物でもその編集する価値のある完璧な写真を撮影する技術は持ち合わせていないでしょう。様々なマーケティングのニーズに詳しい、またはこのようなニーズに対応する術を持っている才能ある人材を探すことには多大な価値がありますが、大抵のマーケティング担当者はこのような知識を持ち合わせていません。商品撮影を行う上で必要な条件を知っておきましょう。

ライフスタイルを反映した写真撮影は常に特定のライフスタイルを真似ているものです。理想の顧客を思い浮かべてみましょう。彼らはどんなライフスタイルを過ごしているでしょうか。イメージできたらそれを写真撮影に生かします。例えば電子暖炉または電子ヒーターを売っているとしましょう。この場合安っぽいオフィスのカーペットや美学的センスの欠ける壁、ヒーターの向かいに置かれた大量生産型の椅子などがあるオフィスの角に撮影現場を設置するべきではありません。このビジュアルでは想像力を膨らませることも商品を欲しいと思わせることもできません。オフィスとは対照的に、寒い冬の日に美しく飾られた家を再現することで消費者は外の寒さと同時に家の中の暖かさを感じることができます。動画では外の天気から家へと移り、セーターを着た住人がホットココアを啜っている様子を写します。もしくは本を読んでいたり、映画を見ていたり、愛する家族との時間を過ごしている様子 – もしくはその全てでも構いません。ライフスタイルを写し出す環境を創り出す事で、ターゲット層の人々を顧客へと変化させる特別な繋がりを作ります。

この原理はどんな商品にも当てはまります。消費者が商品をどのように利用するのかを想像する事で、オフィスから抜け出し「リアル」な世界へ応用しましょう。レストランなら、写真や動画は食事やレストラン自体を楽しむ人々を写します。日曜のブランチ、勉強スポット、小さなウェディングにも使えるダイニングなど、人々の生活が輝くものであるように表現します。洋服の販売をするのであればターゲット層のライフスタイルをテーマにします。モデルではなく実際の人生を送っている実際の人々を起用しましょう。本当にシンプルな事ですが、まず第一にお客様のことを考え、それから商品が彼らの生活にどのようにして適しているかを考える必要があります。

カテゴリー: メルマガのコツ

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント