×

お問い合わせ

  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

エラーメールアドレスの管理について

メール配信においてエラーメールアドレスとなる理由はいくつか考えられます。エラーの理由として最も多いのは「メールボックスの超過」「受信者側のサーバーダウン」「メールの内容」などで、これらはハードエラーまたは、ソフトエラーの2種類に分類されます。

 

ソフトエラー: メール配信後、何らかの一時的な理由でエラーになった場合は、ソフトエラーと定義されます。つまり、次回メールを配信する場合には問題なく配信できる場合があります。ソフトエラーの代表的な原因は、「メールボックスの容量超過」「セッションエラー」「一時的なサーバーエラー」「外出時の自動返信」などが考えられます。

ハードエラー: メール配信後、何らかの永久的な理由でエラーになった場合は、ハードエラーと定義されます。つまり、次回メールを配信してもエラーになる可能性が高いものとなります。ハードエラーの代表的な原因は、「メールボックスが存在しません」「メールボックスが稼働しておりません」「ドメイン名が間違っている」などが考えられます。

エラー確定: 3回連続でハードエラーの判定が出た場合、Benchmark Emailではこれらのコンタクトリストを「エラー確定」と定義します。この「エラー確定」と定義されたメールアドレスは、次回以降のメール配信時には対象から除かれます。「エラー確定」と判断される前に配信されたメールが何らかの形で開封された場合、 「エラー確定」の定義は解除されます。「エラー確定」と定義されたメールアドレスは、通常のリストとは別に保管されます。

受信者側から配信されるエラーの理由を示すコードが明らかな場合、Benchmark Emailでは1回目の配信から、これらのコンタクトリストを取り除きます。
代表的なエラーコードは下記のようなものになります。


     - 550 No such user (xxx@xxxxxxxxxxxx) Giving up...
     - 5.1.1 unknown or illegal alias: xxxx@xxxxx ...
     - Recipient address rejected: User unknown

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ