×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

CSSの利用について

通常、CSSは外部ファイルとして保存されたデータを呼び起こしたり、メールのヘッダー部に記述され内部データを参照することでレイアウトを決定します。しかしこれらの方法はHTMLメールでは利用が出来ません。
メーラー側の設定で(YahooMail!、Gmail、Hotmail等)この様なデータ参照が無効となっております。メーラーにはすでに独自のCSSが設定されており、これに干渉する恐れがあるからです。Benchmark Emailではインライン形式の記述を、Bodyタグへの編集に代わって推奨しております。
例えばヘッダーにCSSを記述するのではなく
といった形式になります。
以下の例をご参照くださいませ:

Your content here....

CSSをご利用の場合は、配信前に入念な確認を起こってください。概して、フォントやサイズの変更、色の変更は通常通り反映がされます。しかし一部のタグ、Divタグやポジショニングタグといったものはほとんど機能しません。
CSS編集はもし受信に失敗しても購読者が読めるように、シンプルで単純なものにするように心がけてください。

HMTLメール配信において、ウェブページを編集するようにCSSを利用することは出来ません。
下記の注意点をご参照の上、ご利用をお願い致します。

CSSにおける注意点

  1. 外部参照( )や内部参照は利用が出来ません。(HTMLヘッダー部のStyleタグの編集も無効となります)多くのメーラーではCSSの外部参照、内部参照が非対応となりますのでご注意ください。これはCSSの編集において一番重要な点となりますので、ご確認お願い致します。
  2. メール配信において、Javascriptは絶対に使ってはいけません。
    Javascriptを利用して配信したメールはスパム(迷惑メール)と認識されてしまいます。
  3. タグ属性を変更(色、幅等の変更)は行わないでください。
  4. 背景画像を設定しないでください。ほとんどのメーラーで、対応、推奨されない編集となっています。
    ただし背景色の設定は可能です。(Bgcolor属性もしくはbackground-color:CSSで設定が行えます)

CSSでの編集作業について

  1. レイアウトではテーブルタグを利用してください。テーブルタグはどのメーラーでも運用が保障されています。
  2. BenchmarkでのCSSの編集はインラインを推奨しております。
    インラインの記述については以下のように行ってください:
    Your content here....
  3. Width、Cellpadding,Cellspacingの設定はテーブルタグもしくはテーブル内のセル毎で設定を行ってください。この設定によってテンプレートの幅が変更されます。
  4. 画像周辺にスペースを設定する場合はHspaceとVspaceタグをご利用ください。インライン形式で余白を設定するのはほとんどのメーラーで有効です。
    ただしすべてのメーラーで動作が保障されているわけではないので、ご注意ください。

 

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ