×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

メール認証とは何ですか?

ISP(インターネットサービスプロバイダ)は本腰を入れて迷惑メールを排除する動きをしています。メール認証はこれらのISP(インターネットサービス プロバイダ)へ正当な送信元であり受信者はメールソースを確認可能であることを証明することができます。なりすましメール(メールが実際は別のドメインから送信しているにも関わらず、ある一つのドメインから送信されている表示の場合)への対策となり、受信側はメールヘッダ情報にてメールソースを確認することが出来ます。

ISPユーザーは受信メールを認証するいくつかのテクニックがあります。これら以下3つは主要な方法となります。
  • Sender ID(センダーアイディー
    Sender IDはメールのヘッダーフィールドを認証することができるMicrosoftプロトコルです。PRAを利用して送信ドメインを特定し、送信元を認証します。Hotmailや Windows Live Mailで利用されています。
  • SPF (Sender Policy Framework センダー・ポリシー・フレームワーク)
    SPFは"v=spf1" DNS 内にある送信元ドメインオーナーにより発行された送信元IPアドレスを認証したリストと送信元サーバーIPアドレスが一致しているか確認してMAIL FROMなどのエンベロープを検査します。 AOLやGoogleなど多くのプロバイダーで利用されています。
  • DKIM/DomainKeys(ドメインキー)
    DomainKeysはデジタル署名を利用してドメイン名を認証します。

 

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ