×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

配信エラーになったメールアドレスはBenchmark Emalで削除してもらえますか?

3回連続してハードエラーの出たコンタクトは、Benchmark Emailでは「エラー確定」と認識されます。この「エラー確定」となったアドレスは自動的にアクティブコンタクトから外れ、メール配信対象外となります。ただしそれ以前に送られたメールが何らかの形で開封された場合、エラー確定ステータスは解除されます。

エラー確定となったコンタクトはリスト名をクリックし、「エラー確認済み」でご確認頂けます。


 

またハードエラーが3回連続で出なくても、エラーとなった原因が明確な場合(受信者のメールサーバーよりエラーコードが送られてきた場合など)については、Benchmark Emailは直ちに対象のメールアドレスをリストから削除いたします。

エラーの出たメールアドレスを手動で削除する場合は、「リストクリーニング」機能をご利用ください。


なお、Benchmark Emailではリストの削除は推奨しておりません。
リストの管理・運用は以下の方法にて行ってください。

   1. リストの更新・上書きには「リストの追加」機能を利用。
   2. やむを得ずリストを削除しなくてはならない場合、
       必ずリスト削除の前に各リスト内の「エラー確定アドレス」を「配信停止リスト」に移してから行いましょう。

※アドレスの移動についてはこちらのFAQをご参照ください。
コンタクト情報のコピー、移動の方法は?


※リストの削除にはメール配信到達率を下げるリスクが伴います。
こちらの作業をご検討の方は、必ず以下をお読みください。


メール配信の運用を続ける上で、過去に配信したメールの履歴やエラー記録などはとても重要なデータです。それは1回の配信で結果を出すのではなく、複数回のメール配信結果からマーケティングの要素であるPDCAサイクルを効率よく回すことがメールマーケティングでは重要だと考えているからです。

しかし、一度アカウントからリストを削除してしまうと、以前までに記録されていたエラー確定リストも削除されてしまいます。

この状態で再度リストをアップロードした場合、エラー確定リストに含まれていたアドレスに再び配信を行うことができてしまいます。

本来エラー確定であるアドレスに再度メールが送られた場合、新たにエラー報告を受けるだけでなく、エラー確定アドレスに複数回メールを送る悪質な送信者と判断され、配信元アドレスの評価が下がり、今後のメール配信到達率を著しく下げるリスクも含んでいます。

上記の背景からBenchmark Emailではリストの削除は推奨しておりません。
到達率低下につながりますので、エラー確認済みコンタクトの削除はされないようお願いします。

注意:やむを得ずリストの削除を行う場合には、エラー確定済みリストを配信停止リストに追加し、必ずエラー確定となったアドレスには配信されないように対処してください。
 

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ