×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

開封率を上げるために送信元名でできることは?

メールを開封するかどうかの決断に「送信元名」は「件名」と同じくらい重要な要素です。開封率を改善するために送信元名でできることをご紹介します。

分かりやすい名前
購読者にとってメールの送信元は明らかである必要があります。そのため、送信元名は会社やビジネスへ繋がる情報を含んでなければなりません。例えば、Benchmark Emailからメールを受信しているとしたら次のように表示されます:「送信元:Benchmark Email


個人名は避ける
購読者が必ず認知できるものでない限り、「送信元」では会社の CEO等の個人名を使用することは控えましょう。
  • 迷惑メール送信者はランダムで危険なメールを開封させる方法を常に考えています。送信元で個人名を使い受信者を騙す方法がすでに使用されています。
どうしても個人名の使用が避けられない場合は、迷惑メールと間違われないよう送信元と関係のある「件名」を作成しましょう。例えば:
  • 送信元:ジョン•スミス
  • 件名:スミスの夏旅行アイディア

迷惑メールフォルダ行きにならないよう送信前にはスパムチェックの利用をお勧めします。

 

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ