×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

SPF認証とは何ですか?なぜBenchmark Emailで使用されているのですか?

Sender Policy Framework(SPF)記録は受信側によりメールの正当性を確認することで、到達率の向上を達成します。Benchmark Emailからメールを送信する際に、表示される送信元が正確であることをISPに提示する記録をお客様に代わって作成しています。

簡単に言えばサーバーの身分証明書のようなものです。受信サーバーが送信元の情報に偽りのない事を確認し、なりすましメールを受信してしまわないようにするためのセキュリティです。
「送ったはずなのに、届いていない」「一括配信以外だと届くのに」といった事象は
送信元との一致がされていない状態のために発生します。


すぐわかるブログ記事をご用意しております。SPFについてはじめて触れる方は是非ご参照くださいませ。

きちんとオプトインリストに送っているのに迷惑メールフォルダに入る、受信側のセキュリティが厳重でメールが受信されない等、
お悩みの場合はドメイン管理者と相談し、Benchmark EmailのSPFレコードを追加してもらうようにしましょう。

対応策:
以下のSPFレコードを送信サーバーにて設定してください。

"v=spf1 a mx include:bmsend.com ~all"

注)SPFレコードの設定はドメイン管理者が行う作業です。


より詳細を確認したい方は以下の情報もご参照くださいませ。
Benchmark Emailでは送信されるメールに対し、SPFやその他の認証システムを採用しています。メール認証についての記事にてより詳しい情報を提供しています。
 

メインのコンセプト/ポイント/トピックについての情報は以下のリンクをご参照下さい:

送信元ドメイン認証:

http://www.whoishostingthis.com/resources/sender-id/

SPF:
http://www.openspf.org/
http://www.openspf.org/Tools

ドメインキー認証(DKIM):

http://www.dkim.org/
http://www.dkim.org/info/dkim-faq.html

 

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ