×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

メーリングリストを作る10の方法

メールマーケティング担当者として最も重要な取り組みは、しっかりしたメーリングリストを作り出す事だと言っても過言ではないでしょう。それぞれの登録者のメールアドレスをどこでどのように入手したか分かりメール配信の同意を得ているリストである必要があります。

ところで実際メーリングリストを作り出すにはどうすればいいのでしょう?どのようなガイドラインに従えばいいのでしょう?同意を得たメーリングリストを作成するにあたっての注意点を挙げましょう。

1. まず同意を得る

当たり前の事に聞こえるかもしれませんが、正直みなさんも、リストを業者から購入したりレンタルしたり、あるいはインターネットからリストを集めたりしたい誘惑を感じた事はないでしょうか。この方法は絶対に避けて下さい。あなたのサイトに登録フォームを取り付けましょう。そのフォームを利用してメールアドレスを収集し、徐々にリストを増やしていくのです。

カスタム可能な登録フォームや顧客管理ツールを是非ご覧下さい。登録フォームに入力された情報は自動でお客様の顧客リストへ登録されます。

2. 長期的に計画する

メール購読者を追加する際、できるだけ長い間購読を続けて頂けるよう長期計画を練りましょう。あなたのサイトやサービスまたは店舗の改善要望などのフィードバックを購読者より将来的に頂くための長期計画と考えてもいいでしょう。信頼関係を築き、長期的に継続できるものを作り出しましょう。

3. お客様を再認識する

お持ちの顧客リストをしばらく利用していなかったり、取得してから時間が経過し送信不可能なアドレスが増えてきたら、お客様への再確認が必要です。方法は、再確認メールを送信して、再購読して頂くようお願いします。例えば:

山田様, 今回、当社から毎週発行されているメールマガジン「Benchmark今週のオススメ商品」のメール購読者リストを更新する事になりました。ライフスタイルに必要な商品・サービスの情報を引き続き受信希望の場合は、下記のリンクをクリックして下さい。

メールを見落とす人もいるでしょうから、この再確認メールは何回か送信しましょう。それでもリンクにクリックしない人がいれば、ニュースレターやメールマガジンに興味がないとみなし、リストから外しましょう。再確認メールを送信するメリットは、エラーメールやもう使用されていないアドレスが分かる所です。リストからこれらのアドレスを削除し、再購読頂いたをお客様に注目しましょう。

4. ホームページからの登録を狙う

自社サービスや商品に合わせカスタマイズした登録フォームをホームページに取り付け、訪問者が簡単にニュースレターやメールマガジンに購読できるようにしましょう。トップページを通らず検索結果で詳細ページへとランディングする人の事を考えて、全てのページに登録フォームを掲載しましょう。

5. 配信したメールをアーカイブする

ニュースレターやメールマガジンをアーカイブし、ウェブサイト上に保管するのも新規購読者をとるいい方法です。古い情報でも、実際のメールを見たほうが将来的に購読する可能性が高くなるでしょう。アーカイブと登録フォームでカスタマーを集めましょう。

Benchmark Emailからも過去のメールを一つにまとめるアーカイブツール機能がございます。アーカイブ機能ページにて詳細をご確認下さい。

6. 他社のニュースレター/メールマガジンで自社のニュースレター/メールマガジンを宣伝

よく見過ごされる手法ですが、短い期間で多くのメールアドレスを取得することができます。例えばあなたがキャンプ用品を販売する店舗だとして、人気があるアウトドア系ニュースレターを知っているなら、そのニュースレターの広告スペースを購入し、登録フォームにつながるリンクをつけましょう。アクセス数が多い、希望登録制のニュースレターがベストです。広告料が払えないなら、ニュースレターの管理人に直接コンタクトをとって、自分のニュースレターの広告スペースと交換できるか交渉してみましょう。

7. 商品購入の際にメールアドレスを収集する

個人経営の小さな店舗でもオンライン店舗でも使える手法です。購入プロセスの中でメールアドレスを記入してニュースレターやメールマガジンに登録できるようにしましょう。ニュースレターが発行される頻度と内容についての説明も入れ、不定期発行なのであれば、記載する必要はないのでニュースレターの内容についてしっかり説明を記載しましょう。

8. 発行したニュースレターやメールマガジンをコミュニティにアップする

発行するメールを多くの方に見て頂き、リストを増やすのにメールマーケティングコミュニティは最適な場所です。メールをオンラインコミュニティに掲載すれば新しい購読者も見つける事ができるでしょう。
このために作られた特別なメールコミュニティがBenchmark Emailにあります。メールの全文をウェブ形式で掲載することが出来、検索結果からのアクセスされる可能性も増加されます。詳細はBenchmark Email Community(英文)をご覧下さい。

9. 営業担当、展示会、特別イベントなどで購読者を増やす

多くの方が一箇所に集まる大きなイベントなどの為に紙面の登録フォームを作成して、目に付きやすい場所 -例えば、レジの横や受付けの近くなど‐ に置きます。いらっしゃる方には希望制だと説明した上で、合意書にチェック欄を付けておけば、確実に同意を得た証明となります。

10. 友達に転送するオプションをつける

全てのメールには『友達に転送する』オプションをつけましょう。ランディングページを含む全てのサイトに登録フォームを設置すれば、転送された人のアドレスも購読者リストに出されます。手軽で簡単にできるメール転送はよく使われるコミュニケーション手法なので、是非メールキャンペーンを実施する際にご利用ください。

Benchmark Emailからは配信するメールには『友人に転送』オプション、転送先アドレス、転送先での開封結果まで分かる機能がございます。メールキャンペーンにて概要をご紹介しております。

メーリングリストを作成する事は簡単な事ではありませんが、作成したものは財産となり費用対効果は非常に大きなものです。上記のポイントをご活用頂ければ購読者の方も喜び、あなた自身のビジネスにも良い結果をもたらすでしょう。

関連するページ


Back