×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

メールマーケティングのセグメント:4種類のリスト

メールマーケティングを始めたばかりで、リストの数が少ないか、少数のニッチな顧客を相手に商売をしていない限り、あなたのメール登録をしている人たちはグループリ別に分けられるはずです。受信するメールを一度も開けたことがない人から、リンクをクリックして購入する人々まで、様々なグループに分けられるでしょう。メールキャンペーンの効力を最大限まで伸ばしたいなら、リストをセグメント分けし、それぞれのグループにあった手法でアプローチしましょう。登録者からの反応を向上させるにあたって分ける4つのグループと、それぞれの登録者を行動に移すよう促すテクニックををご紹介します。

リスト1:レスポンダー

分析ソフトを使っているなら、メールを開いた人、リンクにクリックしてホームページで購入した人、またはただ閲覧していた人が誰か把握する事ができます。このような人たちを「レスポンダー」用のリストに移しましょう。メールを開いてくれ、商品に明らかに興味を持ってくれてるのであれば、丁重に扱われるべきです。それぞれの商品の好みにあったオファーを出して要望に応えられるようにしましょう。特別予告や、優遇割引などで、お客様への感謝の気持ちを表明する事も大事です。最終目的は、これからもあなたのビジネスから買い続けてくれる事、商品に興味を持ち続けてくれる事です。そして理想としては、登録者の殆どがこのリストに入ります。

リスト2:新規登録者

最近メールを登録したばかりの人達は、このグループに移しましょう。なぜならレスポンダーの人達に比べ、このグループの人達の行動を予測するには、まだ情報が足りないからです。新規登録者に向けた特別なオファーで早速興味を惹き付けましょう。新規登録者だけに出す特別割引です、とハッキリ分からせ、相手の反応もしっかり監視・分析しましょう。全ての登録者が特別オファーに反応するわけではありませんが、中にはレスポンダーリストに移せるほど十分なデータを提供してくれる人もいます。そして、どこまで「新規」登録者と呼べるのか基準を明確にしておきましょう。ある程度長い間登録されている人に新規登録者宛の割引を送り出さないように気をつけ、登録後しばらく経ったら、別のセグメントに移すように心がけましょう。

リスト3:開封者

メールを開封していると分析では出るが、文中のリンクにクリックしない人は「オープナー」、「開封者」のリストに移しましょう。ここで覚えておきたいのは、メールを実際開けていない人でも、受信箱のメールをチェックする時、プレビュー画面で映し出していれば「開封した」と分析結果に出てくるのです。なので、「メールの内容を見るが行動を起こさない人」のカテゴリに移しておきましょう。このリストを管理する際のポイントは、このリストにいる人達をレスポンダーリストに移す方法を見つける事です。多くの可能性を秘めているグループなので、出すものに色々工夫を入れて試してみる必要があります。工夫を続けているうちに、開封者の中から興味を持った人が現れ、メール内のリンクにクリックしてくれるでしょう。その時「レスポンダー」のリストに移せるでしょう。最後までこのリストに残ったままの人もいるでしょうが、上のリストに上がっていく人もいます。そうなった点で集まった相手の興味などについてデータで、将来のオファーが出しやすくなるでしょう。

リスト4:無反応な登録者

ここでは挙げませんが、登録者が一度もメールを開いてくれない理由はいくつもありますが、このリストにはそのような人をまとめておきましょう。メールを開いてくれないのでは何の情報も得られないので、ほとんど勘で理由を探してみるしかないでしょう。それでも、何らかの手を使って他のリストに移せるようにしてみましょう。簡単に言えば、「下手な鉄砲数打てば当たる」です。例えば、「オープナー」リストに送信しているメールと同じものを無反応な登録者に送信してみて、別のリストに移せるか試してみましょう。興味を惹きつけるように別のプランをわざわざ作り出す必要もありません。何ヶ月もメールを開封していない登録者もいるかもしれません。あまりにも長期の間、開封がない場合、効率性を考えてメール送信を止め、リストから完全に外すのも案かもしれません。その場合は必ず再登録の希望確認を先にしましょう。もしこの確認メールにも反応がない場合、リストから外しても心配はないと考えて安全です。

関連するページ


Back