×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

メールアンケート:簡単なデータ収集方法

マーケタ―にとって、メールほどテクニックを必要としないツールはありません。反応が早く、コストも安く、じっくりデータ分析もできます。しかし、メールマーケティングがまだまだ生かされていない部分があります。顧客のデータ収集を簡単にできる素晴らしいツールであるにも関わらず、残念ながら有効活用されていません。それは「アンケート&投票機能」です。

メールアンケートを送ったり、ウェブサイトで投票を行うことで、通常の郵便や電話調査を行う必要もありません。コスト削減ができ、購読者との関係を維持しながら、顧客の考えをいかにケアしているかを理解してもらえることにもなるのです。さらに続きをどうぞ。

アンケート&投票機能:活用方法

アンケートを利用することで何ができるか?こちらをご覧ください。

商品やサービスに対するフィードバック
商品ラインナップの向上、季節商品やサービスの向上
カスタマーサービスが顧客ニーズに合っているのか
一番の売れ筋商品はどれか
商品やサービスの利用方法
顧客が求める商品
特別イベントやセールのフィードバック
商品販促やウェブサイトの向上

 

上記はほんの一例です。アンケートを使って顧客の生の声を聞き、それを元にビジネス展開をしましょう。

有料プランに登録すれば、オンラインアンケート&投票機能が利用出来ますので、ウェブサイトに設置したり、メールで配信することができます。この自由にカスタマイズできるアンケート機能は、 ロゴを使用したり、独自のアンケートフォーマットを作成することができビジネスに合わせたデザインにすることが可能です。

メールアンケート vs ウェブアンケート

メールにしろウェブ上にしろ、アンケートや投票を行うことは非常に効果的です。貴重なデータを収集するのにどちらも有効ですが、いくつか違いがあります。

メールアンケートの利点
顧客にとっては、アンケートや投票が、まるで商品やサービスに対する新しいフィードバックをする機会として見てもらえる
顧客ニーズや興味に合わせて異なったアンケートや投票を送ることができる
多くの顧客に返答してもらえば、それだけメールサービスプロバイダーにいい印象を与えられる
商品販促としての特別レイアウトを作成し、メール内にアンケートリンクを挿入することが出来ます。商品プローモーションとアンケートが同時に可能。
ウェブアンケートの利点
サイト内に設置することで、顧客以外からも含め、様々なデータ収集が可能
好きな期間だけサイトに設置可能。また、メールのように埋もれてしまう心配もありません
メールのようにリンクをクリックしてもらってらい、アンケートページに行ってもらう必要がない
長期間調査を実施することができ、それを改良することや、アンケートの結果がうまく反映できているかどうか見ることができる

 

メールで配信するのか、サイトに設置するのか、迷っていますか?両方実施してみてはどうでしょうか。リアルタイムで両方の結果を比べてみてください。ただ、ウェブアンケートは新規メール購読者を集める目的で利用すると良いでしょう。

アンケートと投票のコツ

メールにしてもウェブにしても、アンケートや投票に返答してもらうにはコツがあります。成功させるコツについて、こちらをご覧ください。

アンケートは短めに
有効なデータを集めるために一番いいのは、アンケートをできるだけ短くすることです。仮に、顧客に対しての質問が20個あるとしましょう。それをメールで送るわけですが、その場合は、何週間か、あるいは一カ月ほどかけたとしても3つか4つに分けるのが賢明です。ウェブ上に載せる場合は、もう少し臨機応変にできます。アンケートを2つに分けたり、インセンティブを設けて、最後までアンケートに答えてもらえるようにしましょう。
アンケートにかかる時間を考慮する
アンケート調査の大敵は時間です。記述式や、5,6ページにも渡るアンケートに人は答えたがらないものです。このようなアンケートに答えるには少なくても5分以上、あるいは1時間もかかってしまうかもしれません。手短に、簡単に答えられるアンケートにしてください。アンケートは最大で3分以内のものにし、おおよその目安の時間を表記し、先に何問ほどのアンケートであるかを伝えましょう。あらかじめ20問あるとうことがわかっていれば、それで問題はありません。自分がどれぐらいの質問に答えるのか事前にわかっていれば、快くアンケートに答えてくれるでしょう。
インセンティブで誘導する
人は物で動くものではない、と言いたいところですが、現実は、目の前に何か見せられたら、それによって行動を起こすことはよくあります。アンケート調査も例外ではありません。アンケートに答えてもらうかわりに、インセンティブを提供しましょう。割引や、ホワイトペーパー、特別なハウツーガイド、他にも考えられるものがあればそれでも結構です。要は、物で誘導する、ということです。サイトで簡単に10%オフのクーポンを手に入れられるなら、さらに10%オフを上乗せするのです。そうすれば、アンケートに答えた人は、20%のディスカウントを受けることができます。
できる限り選択肢を与える
複数選択式やYes/No形式ももちろん使用して構いません。文字通り、ワンクリックすることで全ての質問に簡単に答えられます。しかし、さらにもっと細かく答えたい、それ以上に言いたいことがある、という人もいるため、重要な意見を取りこぼすかもしれません。そういった顧客ニーズも無視しないようにしましょう。各設問の後に空欄を設け、さらに詳細を書き込めるようにしてください。
感謝する事を忘れない
ここで本音を。何かをするため自分の時間を割いたことに対して、感謝の意を示されて嫌な思いをする顧客がいるでしょうか?ちょっとしたことですが、感謝する事で、「やってもらって当然」という態度ではなく顧客を大切にしていることが伝わり満足してもらえることでしょう。アンケートの最後にはお礼の言葉を添えてください。アンケートに答えてもらったことに対しての感謝だけでなく、そのアンケート調査が、今後のサービスや商品の向上にいかに有効かということを伝えるようにしましょう。
顧客目線で実施する
メールマーケティングや広告で難しいことのひとつは、顧客を置いてきぼりにせず、一人よがりにならないようにすることです。アンケートの最後にメッセージを添えることで、アンケートの答えがいかに重要で価値があるかを伝えることができます。つまりは、顧客の声が今後のビジネス展開に関わってくるのだということを伝えることができるのです。これによってどの顧客も悪い気はせず、自分も今後に関わっていると感じられるはずです。これまであげたコツを実践すれば、もっとアンケートに関心を持ってもらえることでしょう。

 

メールやウェブアンケートは、格安で簡単に行うことができ、それでいて今後のビジネス展開に有効な、膨大なデータを集めることができます。アンケート調査をしたことがない、データを元にしてビジネス展開をしたことがない、という方は、今がその絶好の機会です!

関連するページ


Back