×

お問い合わせ

  • メールで問い合わせ

オプトインメールと大量送信迷惑メール

自分の商品やサービスをプロモーションするためにメールマーケティングを行う人は多くおりますが、「迷惑メール(スパムメール)」と「オプトインメール(購読者よりメール配信の同意を得ているメール)」の違いについて理解していない人もいます。その気持ちも分からなくはありません。このしばらくの間に、オプトインメールと迷惑メールの境界線を曖昧にする送信元が増えてきました。ここでは両方についてご説明します。

迷惑メールVSオプトインメール:その定義は

大量迷惑メール: 迷惑(スパム)メールは、受信者の承諾なしに商売目的で送られるメールの事です。よってあなたが友達や家族、同僚に送るメールは迷惑メールではありません。し かし、もしあなたのメルマガを購読していなかったり、メール配信の承諾を得ていない人へ最新商品やサービスを宣伝したメールを送信しているとすれば、間違いなく迷惑メール扱いされるでしょう。

オプトインメール: あなたの会社やサービスからのメールを受信すると希望した人に配信されるメールの事です。この場合は、承諾を得ている事がハッキリしています。もしあなたの会社と関係のないアンケートで旅行についてメールを受信希望した人達のリストを利用したら、承諾をとった事にはなりません。あなたの旅行会社からのメールを受け取りたいとの項目をチェックボックスでクリックしていたり、署名または何か別の証拠になるもので希望を表明していたのなら、ここではじめて オプトインメールとしてのメール配信が成り立ちます。

オプトインメールの場合

オプトインメールを送る事は受信者の承諾を得たという他に、本当にその情報が欲しい人達にメールマガジンを送っているという事なのです。受信希望に応えて送ったメールでも、まれに迷惑メールとして判断する受信者も中にはいます。そのような場合でも、正式に承諾を得て送信したと、メールのサービスプロバイダに証明 できるものがあるので心配はいりません。

オプトインメールのメリット
メールマーケターとしての評価を守る
カスタマーのプライバシーを尊重している体制を提示できる
商品に興味を持っている人にメール配信することができる
セグメントされたグループにすることで時間とコストを効率化
購読者趣向によりターゲットを限定したメール配信ができる
顧客と長期的な信頼関係を作れる
売上と商品への注目度が高まる
 
望まれない大量迷惑メールの危険性

大量に迷惑メールを送るとあなたのメールマーケティングの評判に傷がつきます。希望していないメールを送られた場合、大抵の人は迷惑メールとしてメールを迷惑メールボックスへと移動します。ネットサービスプロバイダから注意が出たり、最悪の場合、メールとIPアドレスをブラックリストに載せられる可能性もあります。

迷惑メールを送るデメリット:
受信者から何の反応も得られない
無反応のオーディエンスに送信しても、時間の無駄
望まれないメールを送る事はお金の無駄
メールマーケターとしての評価が下がる
会社やサービスの評価が下がる
開封率やクリック数も下がる

 

様々なメールプロバイダから出される様々な条件を持ったスパムフィルタのおかげで、最善を尽くして営業を行うメールマーケターでも、送信するメールの2割ほどは受信箱まで届かない事を覚悟した方がいいでしょう。

迷惑メールを送信した場合、そのうち20%、あるいはもっと少ない数しか受信箱まで届いていなということです。そこから開封率はさらに下がるでしょう。ですので必ずメール配信の承諾は取りましょう。メルマガ登録フォームを作成して、サイトに掲載しましょう。あなたのお客様が商品を購入した際に簡単にメルマガを購読出来るようにメルマガ購読希望のチェックボックスなどを用意しておくと良いでしょう。とにかく許可がなければ、メールマーケティングに注ぐ努力も水の泡になってしまうのです。

Benchmark Emailでは、簡単に同意を得たメーリングリストを作れます。カスタマイズしたメルマガ登録フォームを作成しサイトに掲載することで、購読希望として入力されたメールアドレス情報を自動的にメールリストに追加してくれるのです。

オプトインアドレスを収集するコツ
サイトの全てのページにメルマガ登録フォームをつける
展示会などイベントで紙面のフォームで登録を集める
オンライン上での売買完了後の確認ページにてメルマガ登録を勧める
フォーラムや掲示板などに載せるメールに必ずメルマガ登録フォームへリンクを追加
メールマガジンに登録した購読者へ白書などのコンテンツを提供する
メルマガ購読者への割引またはクーポンなど特典を提供する

オプトインメールは正しいメールマーケティングとして様々な業種にて基本とされております。簡単なメルマガ登録フォームとメールアドレスを得るためのアイディアで、あなたの商品やサービスについて案内するべき人、必要としている人たちの貴重なメーリングリストをつくることが出来ます。

 

関連するページ


Back