×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

迷惑メールフィルター: セキュリティの実情

迷惑メールフィルターというのは興味深いものです。メールサービスにより基準は変わりますが、随時ルールが変更されます。しかし中には変わらない重要なルールもあります。キャンペーンを行う際にこれらを心に留めておくことで配信率をあげることができ、業界の基準値である『配信数の20%が受信箱に届かない』に対し、より良い結果をもたらすことが出来ます。

どのような言葉が迷惑メールフィルターに引っかかるのか分かりづらい、という方のために、確実にに引っかかるもの、引っかかる可能性のあるものを含め挙げて行きましょう。

迷惑メールフィルターに確実に引っかかる言葉やフレーズ
Cash
Millions
Money
Earn your degree
Reduce debt
Bad credit
Home mortgage
Easy income
Problem with shipping
Work from home
Problem with your order
Lottery
Cialis, Viagra and the like
Pay your bills
Cheap meds
Free laptop
Weight loss
Job alert
As seen on Oprah
Foreclosure
Replica watches
Bankruptcy
Gift card
Timeshare
Diet
 

そして以下は、確実とは言わないまでも、引っかかる可能性のある言葉やフレーズです。上記にある言葉は使用していないとしても、これら下記の言葉は使用しがちでしょう。:

迷惑メールフィルターに引っかかる可能性のある言葉やフレーズ:
Take our survey
Huge sale
Discount coupon
% off
Store credit
Holiday savings
Huge deals
Free gift
Free download
Free shipping
Discount shipping
Regarding your order
記号や緊急を装ったもの、等:

迷惑メールフィルターは、莫大な数の言葉やフレーズを識別しますが、記号や、全てを大文字表記したもの、大げさに緊急性を煽るものなど、特に件名についてフィルターにかけます。以下にあげているようなことを行っていると、確実にメールはゴミ箱行きです。:

大げさな言葉や全大文字表記をしている(あるいは両方している)
「 SUPER SALE!!!!! (大特価)」「 INCREDIBLE DEALS(超お買い得!)」「 YOU WON'T FIND THIS ANYWHERE ELSE!!!!(他ではありえません!!!)」などを使用しているとしたら、メールは破棄されてしまうことでしょう。まず届かないでしょう。
ドルマークや感嘆符などを使っている
感嘆符同様、ドルマーク($)や円(¥)マークは件名に決して使用しないようにしてください。これらの使用は迷惑メールフィルターに引っかかるリスクが高くなります。
焦らせるような言葉を使用している
「 buy this now!!!!(今すぐご購入を!!!)」「 Deal ends tomorrow! Don't wait!!(明日までの特別ご奉仕!)」などが効果があるとお思いでしたら、もう一度よくお考えください。プレッシャーをかけるような表現はスパマーが使用する古い方法です
機転を利かせて迷惑メールフィルターを避ける

これら迷惑メールフィルターに引っかかるリスクのある言葉やフレーズ、文章のスタイルを見ていくと、「もう勘弁してくれ」という気持ちになり、フィルターを回避するのは無理なのではないかと思えてくるかもしれません。しかしご心配なく。ちょっとした機転を利かせることでそれを可能にすることができるのです。

最も基本的なことは、件名に力を入れることです。件名というのは、メールを迷惑メールフィルターに引っかからないようにするために非常に重要な役割を果たします。伝えたいことを文章にすることに時間をかけ、フィルターに引っかかるような目立つ言葉は使用しないようにしてください。

以下、3つの例をご覧ください。:

悪い例 (明らかに迷惑メールになるもの):
当店のホリデーセールでご購入されれば50%オフ!

良い例(短くて的を得ている):
この春に向けて手に入れよう:ハンドバッグ、半額

悪い例 (長すぎてつまらない):
シャベルやグローブなど、ガーデニングツールが全てお値段割引

良い例 (効果のある内容を提供する):
売れ筋トップ10の商品でらくらくガーデニング

悪い例 (専門的すぎる):
チップとデラックスK40サウンドカード、セール中

良い例 (創造性があり面白い):
毎年恒例のセール:パソコンのスピードアップといい音をゲットしよう

フォーマットについてのコツ

迷惑メールフィルターを避けたいなら、いくつか覚えておいていただきたいことがあります。以下、ご覧ください。:

件名は重要。迷惑メールフィルターに引っかかるような言葉を避ければ、半分はメールマーケティングを制したようなもの。
一枚の写真や画像と文章がほんの少しというようなメールを配信しない。迷惑メールにはこういったものが多いため、同じようなフォーマットは避ける。効果的な内容を配信する。
コードはわかりやすくし、HTMLコードを設定する時間を惜しまない。コーディングによって迷惑メールフィルターが混乱し、その他の迷惑メールと一緒にはじかれることがよくあります。
スパムチェックを使用する。相手にメールが届かない可能性のある言葉があると警告してくれます。Benchmarkではメール作成画面にてスパムチェック機能をご用意しているので、お客様のレイアウトやコピー、メール配信する前にどれくらいの確率でフィルターに引っかかる可能性があるかチェックができます。以下、いくつかサンプルをご覧ください。

メール作成が終了したら、スパムチェックボタンをクリックしてください。これにより、メール配信率を下げるような言葉やリンクを確認することが出来ます。

開封率の経過を見る
一週間目の配信が開封率30%で、次の週の配信が10%に下がったとしたら、それはどういうことなのか?おそらく迷惑メールフィルターに引っかかる言葉が多すぎです。またデータが大きすぎるメールは相手にはおそらく届きません。
エラーをチェックする
エラー率は、問題があるかを確認する重要なポイントです。通常よりも数が多かったとしたら、少なくとも、なぜそのメールがプロバイダーによって拒否されたのかについてのレポートが含まれている可能性があり、それを分析するいいチャンスになります。
IPアドレスをチェックし、それがブラックリストに載っているかどうか確認する
開封率の下がり方があまりに急激だとしたら、迷惑メールとして扱われている可能性が高く、IPアドレスがブラックリストに載っている可能性があります。これをチェックするのは簡単です。www.blacklistedip.comのようなサイトに行き、お客様のIPアドレスを打ち込んで確認することをおすすめします。もしブラックリストに載っていたら、プロバイダーに連絡して解決方法を確認してください。

マーケタ―として迷惑メールフィルターをかわすのは、ある意味芸術の域とも言えるでしょう。簡単にいくとは限りませんが、いったん効果的な方法をものにし毎回それに従っていけば、問題なく安定した開封率を築くことができるはずです。

BenchmarkはHabeasやEmail Sender & Provider Coalitionを含む組織/団体と、高配信率を維持するための努力をしています。なぜBenchmarkでは迷惑メールフィルターにこれほど対応できるのか、こちらをご覧になればおわかりいただけるでしょう。

 

 

関連するページ


Back