×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Hal Licino

FacebookとTwitterの40倍の効果を持つメールマーケティング

Apr 22 2014, 03:00 AM by

Email Is 40 X As Effective As Facebook & Twitter Combined


グローバルな戦略系コンサルタント会社マッキンゼー・アンド・カンパニーの最新の発表によると、ソーシャルメディアと比べ、ニュースレターやメールマガジンなどメール配信を利用したキャンペーンの効果はマーケティング担当者にとって驚くべきものです。この調査はアメリカにて、それぞれのカテゴリーで獲得された顧客の割合から顧客数の伸びを測定しています。結果としてメールマーケティングは2010年にFacebookとTwitterと並んだ後も、成長し続けている事が明らかとなりました。グラフは右肩上がりに成長を続け、なんとメールでの顧客獲得率はFacebookとTwitterを合わせた値の40倍にもなっています!

メールマーケティング批評家をも黙らせる数値
マッキンゼー・アンド・カンパニーの顧客獲得に関する最新オンラインアンケートでは、ソーシャルメディア最強コンビFacebookとTwitterと比べてメールマーケティングは2009年から2010年の間ほんの少し数値が下がっています。しかしモバイル革命がじわじわとメールマーケティングの効果を高めるにつれて、一気にソーシャルネットワークを引き離す結果となっています。この調査で明らかとなった統計はプロのメールマーケティング担当者を心底驚かせ、批評家さえも黙らせる素晴らしい値です。
5年間成長無しのソーシャルネットワーク顧客獲得率
マッキンゼー・アンド・カンパニーの調査で明らかとなった、ソーシャルメディアと比べたメールマーケティングの顧客獲得効果の高さは実に驚くべきものです。FacebookもTwitterも2009年から全く成長を見せていません。この結果はソーシャルメディアフォロワーはブランドの「お客様」であるという事実を不明確にさせてしまい、10年以上もソーシャルネットワーク上で強力なセールスキャンペーンを作り上げてきたオンラインマーケティング担当者の努力は何の成果もないということになります。過去5年間アメリカで最もユーザー数の多いソーシャルネットワークで顧客獲得率が全く増えていない事を考えると、ソーシャルメディアは本当に多くの人が考えている様なセールス天国なのかが疑わしくなってきます。
信頼性の高さ&完璧な統計科学
マッケンジー・アンド・カンパニーの信頼性の高さと完璧な統計学に裏付けされていなければ、この調査結果はメールマーケティングの宣伝会社によってでっち上げられたものだと思うでしょう。オンラインマーケティング担当者はこの40倍という数値に自信を持つ事が出来ます。
メールマーケティング会社ではお祝いムード
今回の調査結果はオンラインマーケティング担当者によるメール配信へのやる気や信頼を強めています。その他の調査結果として、アメリカ国内の消費者の中で毎日メール確認をしないのはわずか9%となっており、残りの91%は毎日確認をしていることになります。メール配信はコンバージョン率と売上数を上げるのに驚く程効果を発揮しており、ソーシャルネットワークの3倍以上の数値となっています。またメールはより多くの購入を生み出すだけでなく、ソーシャルメディアからの購入より一回分の注文額が17%も高い事もメールマーケティング会社でお祝いムード満点の理由のひとつと言えます。この2つの統計を考えると注文量と注文額に対するメールの効果は少なくともソーシャルメディアの約4倍ということになります。注文量と額に10%増加を生み出す売上ルートは貴重であるため、多くのブランドはメール配信の400%という驚異的な優位性に圧倒されることでしょう。

過去5年ソーシャルネットワークが変化を見せない中、メールマーケティングは毎年数値を上げ誰もが認めるトップになっています。ソーシャルメディアが引き続きオンラインマーケティングの武器として活用できることに疑いはないですが、やはりここぞというときに頼れるのはメールマーケティングです!

 

カテゴリー: メール配信&メールマーケティング

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント