×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ
Masaki Fushimi

メールを始めるにあたり知っておきたい○○のこと vol.2

Jul 08 2014, 09:00 PM by

All Work & No Playlist?


こんにちは。前回のブログ『メールを始めるにあたり知っておきたい○○のこと』では初級編と題してメール作成に関するポイントをご紹介しました。

今回は少し応用編、迷惑メールなど配信にまつわる質問の多かったものをまとめてご紹介します。ではいってみましょう。
 

送ったメールが迷惑メールボックスに届いてしまう。

一見さんお断り!
時としてメールにもこのルールがあるのです。でも気を落とさないでください、けして送信側だけの責任ではありません。これは受信側でセキュリティーレベルを非常に高く設定されている場合に生じ、受けたこともないアドレスからのメールを自動で迷惑メールボックスに分類する場合があります。


*対処法
実はこれ、最近Benchmark Emailでもよく頂くお問い合わせ内容なのですが、メールを送信する側とそれを受信する側、双方の設定が適切であって初めてメールを届けることが出来ます。ですから送信者側の設定だけで解決できる問題ではないのです。そこで送信者が出来ることはあらかじめ受信者に「送信元メールアドレス」としてメール送信時に利用するアドレスをアドレス帳に登録してもらうことです。これにより不特定アドレスからのメールではなく、認識されたアドレスからのメールとして受信メールボックスにて受信がされます。

詳細FAQ
配信したメールが受信側の迷惑メールフォルダに入る事はありますか?



メールアドレスは間違っていないのに送ったメールが届かない。


はい、お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、これも受信者側でのセキュリティーレベルによる事象です。セキュリティー感度が高く設定されている受信者は、場合により受け取るべきメールをメーラー側で自動削除する場合があります。・・・ちょっと迷惑ですね。

*対処法:
=Benchmark Emailのドメインをホワイトリスト化=
少し高度な設定かもしれませんが、受信側のセキュリティソフトやファイアーウォール上にてBenchmark Emailのドメインを登録(ホワイトリスト化)して頂くことによりメールを正常に受信させることができます。

詳細FAQ
アンチウィルスソフトやファイアーウォールでBenchmark Emailをホワイトリスト化する方法


あれ、私ってもしかして迷惑メール配信者?


最後に迷惑メール(スパム)についてご説明します。
そもそも迷惑メールとは一方的、そして無作為に不特定多数に向けて送信されるメールのことを指します。Benchmark Emailではすべてのユーザーの方にアカウントで使用するコンタクトリストはメール受信者の同意を得たものを使用して頂いております。従いまして、同意を得ている相手へのメールが迷惑メールとして報告されることはないはずですが、受信者が同意をしたことを忘れていたり、同じアドレスを複数人でシェアしていたりといった背景から迷惑メールと報告されてしまうケースもあります。

そしてここからが重要です・・・・迷惑メール報告(Abuse)を一定以上受け取るとその後のメール配信が一定期間行えなくなることがあります。
脅かしてすみません。
故意に迷惑メール配信を行わない限り、大抵の場合これに該当される心配はないのですが念のためどういう状況下で起こりうる事象なのか是非この機会に知っておいてください。

Benchmark では迷惑メール報告をしたメール受信者はメールレポート内、「苦情件数」リストに含まれます。そして同時に「配信停止リスト」へも追加され、今後の配信時にメールが送信されないようになります。ここではさらに苦情件数率もカウントされ配信したメール全体の0.05%、メール2,000件に1つ以上の報告を受けると場合によってはアカウントが一時使用停止となってしまいます。

苦情(Abuse)とは何ですか?



と言うことで迷惑メール(スパム)報告数を軽減させるポイントをこちらでご紹介。

①質の高いリスト
オプトインや登録フォーム等を使い、取得するメールアドレスの質(現在有効なアドレスであること、今後のメール受信を希望しているアドレスであること等)を高め、アクティブメールリストを作成する。

②パーミッションリマインダーの設置
メール内上部にメールアドレスを取得した方法や経緯、またはメールを送信する許可を事前に得ていることを明記する。

③配信停止
配信停止をすぐに行えるようリンクを配置(Benchmark Emailではデフォルトでフッターにリンクが記載されております。)

④素早いレスポンス
メールアドレスを頂いたら、すぐに連絡しましょう。メールを送るまで時間を空けていると相手がアドレスを渡したことを忘れてしまうことも。それにより配信停止や、迷惑メール報告をされてしまうかもしれません。Benchmark Emailではステップメール機能を使うことで、アドレス取得後(登録フォーム利用など)に日付などを設定して自動でメールを送信させることができます。

ステップメール配信の3つの活用法
ステップメールの作り方は?

⑤また新しいコンタクトにはアドレスを受け取った時点で、今後どのような内容のメールがどれくらいの頻度で配信されるのか明確な説明をしましょう。こちらもステップメール等を活用して以降の配信内容の告知等を送ることが出来ます。

今後の予定などを明確にし、受信者と同意の下で行われるのが迷惑メールとの大きな違いです!


お疲れさまでした。今回は少しややこしい部分もあったかと思いますが、配信編としてよくある質問を紹介しました。
これでもまだ分からない!と言う方は同ブログやFacebook,Twitterにコメントください。対応させて頂きます。もちろん今回ご紹介した内容以外の質問でも構いません。お待ちしております。

では。







 


 

カテゴリー: Email Marketing Tips

関連ブログ

新しいコメントを記入する

コメントする

Facebookでコメント