×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

受信者の名前をメールに差込することはできますか?パーソナライズ機能について

パーソナライズ機能を使ってメルマガの中でリストに保存された顧客情報を反映させることが可能です。名前、電話番号、カスタマーIDナンバーなど、どの項目でも顧客リストにある情報は差込することが可能です。このパーソナライズ機能を使えば一人一人の属性や購買、行動履歴に基づいて最適化されたものを提供することが可能になります。

メールにフィールド項目情報を差込する方法はこちら: 

1. パーソナライズ化したいテキストブロックを選択し、宛名を挿入したい箇所をクリックしてカーソルを置きます。
2. 右上の「メニュー」より「挿入機能」をクリックし、ドロップダウンより「パーソナライズ」を選択します。 


3. その後表示されるポップアップウィンドウにて、どの項目を反映させたいのかを選択します。 


 4. 無事挿入されると、以下の画像のような表示となります(画像例:「姓(lastname)」項目を選択しています) 

 5. この状態で配信をすると選択した顧客リストにある情報が個々に反映されます。




顧客リスト項目に保存されていれば、どのような情報であってもメールが配信される際に置き換えられます。
例えば:
" [contact_attribute:姓]様,"
例えば田中太郎さんがメールを受け取った場合、"田中様"と表示されます。

プレビューにて、連絡先の詳細が置き換えられているかどうかを確認することができます。連絡先の詳細が存在しない場合、フィールドは空白になります。
テキストメールでのパーソナライズ方法は下記をご確認ください。
  • 名:[contact_attribute:名]
  • 姓:[contact_attribute:姓]
  • メールアドレス:[contact_attribute:メールアドレス]
  • [contact_attribute:フィールド名]というのが基本的な形となります。フィールド名に任意の項目名を入れることで、その情報を表示させることができます。

この方法を使用して件名のパーソナライズも可能です。

テストメールでは、件名のパーソナライズは反映されません。反映を確認するには、ご自身のメールアドレスに実際にメールを配信してください。

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ