×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

リストクリーニングとはどういった機能ですか?またリストのクリーニング方法は?

リストクリーニングはエラーアドレスや開封・クリック等エンゲージメントが低いメールアドレスを削除することです。これにより到達率・エンゲージメントの高いリストを保つことで送信ドメイン評価を高く維持することができます。Benchmarkでは配信を行ったら毎回リストクリーニングをする習慣をお勧めしています。コンタクト数が少なくなるため不安に感じるかもしれませんが、確実にメールの届く、メール配信効果を出すのに最適な配信先が特定できます。

クリーニングで削除可能な4種類のコンタクト
  1. エラー確定済み
  2. ハードエラー
  3. ソフトエラー
  4. メール未開封コンタクト 直近
  • 5 メール
  • 10 メール
  • 20 メール
  • 30 メール
リストクリーニングの利点:
  • メール到達率の向上
  • 開封率の向上
  • 迷惑メール報告数の減少

リストクリーニング方法は以下のステップをご参照ください:
  1. ダッシュボードページ左側のメニューよりコンタクトをクリック
  2. クリーニングしたいリスト名をクリック
  3. 画面上部のリストクリーニングをクリック



     
  4. クリーニングページへと移動したら、削除したいタイプのメールアドレスを選択
  5. リストから削除をクリック

クリーニングにおける2つのオプション

  • リストから削除のクリックで、選択したメールアドレスがリストから削除されます。
  • 新規リストの作成をクリックすると、選択したメールアドレスが新規リストとして作成されます。この場合元のリストからメールアドレスは削除されませんのでご注意ください。
これでリストクリーニングは完了です。更新が反映されるまで数分のお時間を頂戴しますのでご了承ください。

メール配信時にはリストが最新の状態になっているか毎回確認しましょう。よりエンゲージメントが高く、効果を得られるメール配信をお楽しみください。

ご不明点がございましたらお気軽にサポートまでご連絡ください。

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ