×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

Benchmark EmailとZapierの連携

900以上のWebサービスとの連動を実現

FacebookやGmail、Evernote、Googledoc等異なるサービスを1つのオペレーションにまとめることが可能となりました。この連携は、あなたの業務効率を改善し、そしてお使いのBenchmarkアカウントはよりパワフルになります。

Zapier

Zapier Screen

以下の連携した動作はZapierによって実現できるほんの一例です。これ以外にも様々なサービスとの連動したアクションが可能です。

Gmailアカウントに登録された、または送受信を行ったメールアドレスをBenchmark Emailの顧客リストとして保存できます。

GoToWebinarを使ったウェブセミナーに参加した人を顧客リストとしてBenchmark Emailのアカウントに自動的に保存できます。

Eventbriteに参加した人をBenchmark Emailに自動的に顧客リストとして保存します。

Benchmark Emailに追加された購読者に自動的にGoogle Docsスプレッドシートを送信することが可能です。

Wufooの登録フォームから登録した購読者を自動的にBenchmark Emailの顧客リストとして連携できます。

Desk.comの顧客をBenchmark Emailの顧客リストに自動的に登録が出来ます。その逆ももちろん可能です。

Benchmark EmailとCapsule CRMどちらにも顧客情報を登録できます。

Livechatを利用した顧客をBenchmark Emailの顧客リストとして保存が出来ます。


概要

Zapierの運用は多岐に渡ります。例えば、Benchmark Emailの登録フォームからトリガーにして、Benchmark Email以外のツールのアクションを指定する運用が可能です。メール配信の予定日をスケジュールに組み込み、アラートで通知することや、Gmailでメールを受信したのと同時に送り主のメールアドレスを、自動的にBenchmark Emailのリストに組み込むことも可能です。このように1つのアクションをトリガーとして、異なるサービスでアクションを行う連携が実現しました。


必要なもの

  • - Benchmark Emailアカウント(トライアルでも連携が可能です)
  • - Zapierアカウント

連携方法;

  • - Zapierの14日間の無料トライアルに登録しアカウントを作成します。(または有料アカウントを作成)
  • - Zapを作成します。Zapはトリガーとそれに伴うアクションの2つのタスクにより構成されます。それぞれのZapは2つのサービスを組み込むことが可能です。つまり1つのサービスをトリガーとして組、もう1つの異なるサービスをアクションとして組み込めます。ご活用ください!