Skip to content
機能・便利ツール

A/Bテストを使ってみよう!比較すべき項目や注意点、必要なサンプル数は?

こんにちは!Benchmark Emailのカスタマーサクセス担当のYurikoです。 今回はBenchmark Emailのユーザー様にA/Bテスト機能を使いこなしていただくため、A/Bテストの概要や注意点、効果測定方法などを詳しく解説します。 A/Bテストとは? A/BテストはWEBマーケティングの成果を上げるための手法の一つで、AとBの2パターンのコンテンツを用意し、「どちらがより良い成果を出せるのか」を検証するものです。 Benchmark EmailのABテスト機能は、異なる件名や内容のメールをまずリスト内の一部のコンタクトへ配信し、結果が良かった方のメールをリストの残りの方へ自動的に配信するシステムです。 テストグループの割合は1〜20%の間で、任意で設定が可能です。 A/Bテストについての詳細な設定方法は以下サポートページもご確認ください。 サポートページ:A/Bテストの作成方法は? メルマガの件名やデザインに迷ったとき、「なんとなく」の直感で決めてはいませんか?A/Bテストを行うことで、直感に頼ることなく正確な答えを見つけることができ、ただメールを配信するだけよりも改善サイクルを早めることができるため、A/Bテストは出来るだけ行っていただくことをお勧めします。 比較できる項目 Benchmark EmailのA/Bテスト機能で比較できる項目は以下となります。 差出人名 件名 プレヘッダーテキスト(本文プレビュー部分) メール本文のデザイン 配信時間...

September 14, 2021

メールマーケティング

Yahoo!メールの基本の使い方とアイコンを解説!10年ぶりにリニューアルされたPC版での表示は?

こんにちは。ライターの遠藤です。今回はYahoo!メールについて、Yahoo!メールの画面の説明や、表示されるアイコンの意味など、基本的なところを解説します。 Yahoo!メールを使いはじめたばかりの方はもちろん、最終章はメールマーケターにも役立つ内容になっています。 今回の記事では、2021年9月におよそ10年ぶりにリニューアルされたPC版に加えて、スマートフォンアプリ版も使い方を解説しています。 Yahoo!メールとは Yahoo!が提供しているフリーメール(無料で利用ができるメールサービス)として、Yahoo!メールを使っている人も多いと思います。 Yahoo!メールのドメインは「@yahoo.co.jp」で、@前が任意の英数字になります。 メールボックスの容量は、Yahoo! BBやYahoo!やプレミアムを利用していると、開設時は2Gで利用状況に応じて無制限に増えます。Yahoo! BBやYahoo!やプレミアムを利用していない場合は、開設時は2Gで利用状況に応じて最大10Gまで増えます。 Yahoo!メールは、セキュリティにも力を入れており、迷惑メールフィルター 、なりすまし拒否、海外からのアクセス制限、ブランドアイコンの表示などに取り組んでいます。ウィルスチェックやセキュリティパックなどのオプションサービス(有料)もあります。 Benchmark Emailが行った「日本のメールマガジン購読状況調査 2021年度版」の結果では、どのメールソフトを使ってメルマガを読んでいますか?という問いに対して、プライベート用としてYahoo!メールがGmailに次ぐ多さとなりました。 参考:メールマガジン購読状況調査 2021年度版 - Benchmark Email Yahoo!メール(パソコン...

September 13, 2021

メールマーケティング

メルマガを配信する時間と曜日の”正解”は?読者の行動時間と調査データから仮説を立てよう

こんにちは!Benchmark Emailのメールマーケティングアドバイザーの山本です。 みなさんは、メルマガを配信する時間と曜日をどのようにして決めていますか?せっかく作ったメールですから、開封・クリック・購入などの効果が最大限に出る時間に届けたいですよね。 メルマガを配信する時間と曜日に迷っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。 開封・クリック・購入などの行動に繋がるメルマガの配信タイミングは? 顧客が落ち着いてメールを読める時間や、メルマガを読んだあとで行動に移しやすい時間など、生活の中で情報収集に時間を使えるタイミングでメルマガを送るといいでしょう。 このタイミングは読者の生活パターンによって異なるため、どんなメルマガでも使える\"正解\"というものは、じつはありません。以下のステップで仮説を立てて、最後にテストを行うことが必要です。 1.読者の行動時間や、調査データをもとに、効果的な配信時間と曜日の仮説を立てる 2.配信時間と曜日の候補を決める 3.A/Bテストで検証する そのためには、「どんな人に向けてメールを送っているのか」を知っていることが大切です。読者のペルソナをお持ちでない方は、こちらのブログを参考にしてください。 関連記事:メルマガを読むのはどんな人?読者像(ペルソナ)のつくり方とは? 1.読者の行動時間や、調査データをもとに、効果的な配信時間と曜日の仮説を立てる 読者がメールを開いてくれそうなタイミングを推理して絞り込んでいくための、3つのヒントをお伝えします。 1-1.読者の行動時間を調べる 読者である顧客のサイトアクセス、購買、来店といった行動が多く起こっている時間や曜日を調べて、そのタイミングの前を狙ってメールを送るという方法があります。 ECサイトやBtoB企業であれば、Google Analyticsでアクセスやコンバージョンが多い曜日と時間をチェックします。レストランであれば、予約の電話が多い曜日と時間を調べてみましょう。 そこから逆算して「どのタイミングでメールを読むと、次の行動に移したくなるだろう?」と想像します。 a....

September 6, 2021

1 2 3 4 29