こんにちは、Benchmark Emailカスタマーサクセスチームです。当記事ではBenchmark Emailに新たに追加された最新機能をご紹介します。

今回のアップデートでは、メール到達率およびエンゲージメント率の向上を目的としたスマート送信機能が追加されました。

スマート送信機能とは?

今回実装された「スマート送信機能」は、過去の配信データからアクションが起こる可能性が非常に低いメールアドレスへの送信を自動的に減らすことで、送信元ドメインの評価を高めメール配信全体の成果の向上を実現させるための機能です。

スマート送信が重要な理由

昨今のメールマーケティングでは、メールの送信元企業(送信元ドメイン)に対する、メールプロバイダ(GmailやYahoo!メールなど)からの評価がその成果を大きく左右します。

読者が利用するメールプロバイダからの評価が高ければ受信BOXへの到達率が向上し読者にメールを読んでもらいやすくなりますし、評価が低ければ迷惑メールボックスに入ってしまうなど読者に見てもらえなくなってしまいます。

この「評価」にはメールプロバイダによって様々な基準がありますが、大きな要素の1つとして、「送信したメールに対する読者のアクション」があります。

例えば、そもそも存在しないメールアドレスにメールを送った場合は配信エラーになる為アクションは起きませんし、メールを送っても開封をしない読者が多い場合も、その送信元ドメインの評価は下がってしまい、結果的にメールが届かず読まれずに効果が出なくなってしまいます。

そのため、存在しないメールアドレスや、アクションを起こす可能性の非常に低いメールアドレスへの配信は避けなければなりません。低エンゲージメントのアドレスを除外する作業を毎回手動で行うことは大変手間がかかりますが、スマート送信機能によって自動で行うことが可能となりました。

到達率を高め、メールマーケティングの成果向上を

繰り返しとなりますが、メルマガの到達率を高め、読者にメールを見てもらいやすくするためには、エラーアドレス及び低エンゲージメントのアドレスへの配信を避ける必要があります。

元々、Benchmark Emailではエラーアドレスを検知して無効アドレスリストへの振り分けを行う機能が実装されており、存在しないメールアドレスの除外は自動化できていました。

それに加え、今回スマート送信機能が実装されたことで、さらなる送信元ドメインの評価と到達率の向上が実現します。

スマート送信機能についての詳細は、以下のFAQページをご覧ください。
FAQ:スマート送信機能とはなんですか?

今後もBenchmark Emailでは、ユーザー様のメールマーケティングの成果向上のために様々なアップデートを行って参ります。

関連記事:
米国Kickbox社が語る(1)メール到達率を守るための基本の仕組みと最新動向
米国Kickbox社が語る(2)送ったメールを受信ボックスに届けるためには?
メールが届かない?ブラックリストを確認する方法と対処法
自社メルマガが迷惑メールに?!解決策はこれ!