×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

効果的な件名を作成するヒントとは?

配信メールの件名はメールマーケティングにおいて最も重要な項目の1つです。受信者の目が最初に触れるのが件名であり、メールが開封されるかどうかに大きな影響を与えます。簡単なルールに従い、最高の到達率を達成し開封メールの数を増やしていきましょう。
  • 簡潔に:件名は55字以内に収めましょう。Yahooなど大抵のメールシステムでは55字を超える部分は切ってしまいます。伝えたいことを購読者にすべて伝えるためにも、件名は簡潔を心がけ途中で切られてしまわないようにしましょう。
  • スパム用語を避ける:ISPメールフィルターは数種の言葉やフレーズをスパム用語として認識し、件名に1つでも含まれていればメールをブロックしてしまいます。大半が「¥¥¥」、現金を稼ぐ、バイアグラやシアリスに関する言葉全般などとても分かり易いものです。しかし、中にはフィルターにはかからないもののキャンペーンの効果に悪影響を及ぼすものもあります。一番のルールは自分がメールを開封したくなるような件名、大げさでなく購読者の興味を引く内容を作成することです。
  • パーソナル化:メールアドレスの他に購読者の名前やその他の個人情報があれば、その情報を活用し注意を引くことができます。件名のパーソナル化はメールが開封される確率を高めるため、自然と「クリックスルー」の増加も期待できます。
  • 質問をする:質問を投げかけることで興味を引き、質問に答えたくさせます。購読者が「イエス」と答えたくなる質問はより効果的です。例えば、「子供の頃暑い季節にスプリンクラーの中を走り回るのは好きでしたか?」という質問は最新プールデザインへ注意を引くだけでなく、購読者に楽しかった子供時代を思い出させることができます。その結果メールの開封率が上がるだけでなく、購入へと繋がる可能性が高まります。
  • リスト形式の活用:一般に人々はリストに惹かれやすく、件名に取り入れることで購読者の注意を引くことが出来ます。アイスクリームショップなら「今年流行りのフレーバートップ5」、また「3つの人気コート」等。
  • 試行錯誤:効果的な件名が何かを決定するには多少時間がかかります。毎回異なる方策を試し、レポートを比べ最も効果があるものを見つけます。試行錯誤することによって購読者へのアプローチ方法を絞ることができ、開封率の増加が期待できます。
より詳しい情報はPDFマニュアル「メールの件名の書き方」をご覧下さい!

メール到達を確実なものに近づけるため、送信前に必ずスパムチェックを行うことをお勧めします。

 

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ