こんにちは、メールマーケティングアドバイザーのMichiです。みなさんはGmailの画面に、アイコンを表示できるスペースがあることをご存知ですか?

この記事では、スマホ版Gmailアプリの受信画面に自社ロゴを表示させる方法をお伝えします。

Gmailの表示

このように、受信箱でメルマガの横にロゴが表示されますので、「あの会社からメルマガが来た!」と認識してもらいやすくなります。

スマホでのメール開封率改善のために、ぜひ設定を行ってみてください。

1.スマホでのメール閲覧の増加

はじめに、スマホでのメール開封率を上げる重要性をご説明します。

調査結果当社による「メールマガジン購読状況調査 2021年度版」より

「スマホとPC、どちらでメルマガを読みますか?」という問いに対して、「スマホのみ」または「両方だが、スマホが多い」と回答した人は仕事用で36.6%、プライベート用で49.3%にのぼりました。この結果からわかるように、より多くの読者にメールを読んでもらいたいならば、スマホの受信画面での見え方に配慮する必要があるでしょう。

2. Gmailの受信画面で表示されるアイコン

さて、開封率を上げる時にポイントになるのは「受信箱のメール一覧での見え方」です。

同調査において、メルマガを読むメールソフトで最も多く使われているのはGmail(仕事用57.2%、プライベート用56.9%)でした。そのGmailアプリのメール一覧画面を見てみましょう。

メールの受信画面

受信箱では、送信元・タイトル・プレビューの3つが表示されています。でも待ってください、一番左にロゴのスペースがありますよね。

スマホのメール受信画面に表示されるロゴ

通常は頭文字のアルファベットなどが表示される場所ですが、Benchmark Emailからのメールには企業ロゴが表示されています。このように企業のロゴが表示されていれば、読者にとって安心感が生まれ、開封率にも好影響があるのではないでしょうか。

スマホでの表示に加えて、PC版においてもメールを開いた時にはロゴが表示されますので、ブランド認知の定着にもつながります。

Gmailのブラウザ版受信画面に表示されるロゴ

3.スマホ版Gmailの受信画面に企業ロゴを表示させる方法

実は、ここで表示されているのは【Gmailアカウントのプロフィール画像】です。
これは送信アドレスのGmailアカウントで設定することができます。

設定手順をご説明します。

a. 送信元アドレスのGoogleアカウントがある場合

  1. 送信元アドレスでGoogleアカウントにログインします。
  2. パソコンで Gmail を開きます。
  3. 右上にある設定アイコンをクリックします。Gmailの操作画面
  4. [すべての設定を表示] をクリックします。
  5. [自分の画像] までスクロールし、[写真を選択] をクリックします。Gmailの操作画面
  6. ユーザー情報ページへ移動するので、[プロフィール写真] をクリックします。
  7. 写真を設定します。
  8. Googleアカウントのプロフィール写真が、変更されます。Googleアカウントの操作画面
  9. 該当アドレスから配信したメールを受信すると、設定したアイコンが表示されます。(反映には2〜3日かかる場合があります)

 

b. 送信元アドレスのGoogleアカウントがない場合

送信元アドレスでまだGmailアカウントを作っていなければ、まずはGmailアカウントを作成しましょう。
Googleアカウントを作成する画面で「代わりに現在のメールアドレスを使用」を選ぶと、既存のアドレスでGmailアカウントを作成することができます。

Googleアカウントの作成
アカウントを作成したら、先述の手順でアイコン設定を行ってください。

4. まとめ

Gmailのロゴ設定は簡単に設定できますが、開封率への好影響や、ブランド認知の定着といった効果が期待されます。ぜひ送信元アドレスのGmailアカウントに、アイコンを設定してみてください。

【豆知識】Gmail以外でのアイコン表示について

今回はすぐにできるスマホ開封率対策として、Googleのアイコン設定をお伝えしましたが、「Google以外のメールクライアントでは、ロゴを表示させられないのだろうか?」と気になった方のために、「BIMI規格」と「Yahoo!ブランドアイコン」をご紹介します。

BIMI規格

DMARCなどのドメイン認証を用いてロゴを表示させる、BIMIという規格があります。

数年前に立ち上げられた、今はまだ標準化を目指している途中の規格で、現時点ではFastmail(英語)、yahoo!mail(英語)、Gmailなどで少しずつ採用が広がっているようです。自社ドメインのサーバーで認証設定や画像登録を行うと、BIMI規格を採用しているメールクライアントにおいてロゴ表示がされるようになります。

バックグラウンドの仕組みとしてはSPFやCNAMEに近いイメージですね。

参考:BIMI を使用して Gmail などのメール セキュリティを強化 – Google Cloudブログ

「Gmail ユーザーの場合、ご対応の必要はありません。」とあるように、現在GmailではBIMI設定を行わなくても、今回ご紹介した方法でアイコン表示が可能なようです。また、Outlook、Apple Mail、Yahoo!メール(日本版)といった利用者の多いメールクライアントではまだBIMI規格が採用されていません。

ドメイン設定やロゴの商標登録が必要となるため少々ハードルは高いBIMI規格ですが、各サービスで個別設定が不要という点が魅力的です。今後数年間で各社採用が広がっていくのか、注目しておきたいところです。

Yahoo!ブランドアイコン表示

Yahoo!メール(日本版)が独自に行っている規格である「ブランドアイコン」もご紹介します。

こちらはGmailのアイコン表示とは異なり手元では設定できず、フォームからの申請とドメイン認証設定が必要です。申し込みから掲載まで2ヶ月ほど要するほか、独自の審査基準(詳細は非公開)があります。

参考:ブランドアイコンで安心・安全なメール – Yahoo!メール

 

 

(関連記事)

開封率が上がる件名とは?『ザ・コピーライティング』から学ぶ見出し作成ルール 

Gmail受信画面のアイコンやラベルの意味を解説!スターマークと重要マークの使い分けは?