×

お問い合わせ

  • チャットで相談
  • メールで問い合わせ

FAQを確認する

メールマーケティングを行うにあたり、頻繁に出てくる質問事項をまとめました。

カテゴリーを選択してください

カテゴリー検索

キーワード検索

メール認証とは何ですか?

フィッシング詐欺やなりすましメールが蔓延する現代、IPS(インターネット・サービス・プロバイダ、あるいは「プロバイダ」)はスパムメールを根絶するため様々なセキュリティ対策を講じています。メールアドレス認証とは、正規のサーバーから送信されていることをIPS側で認証可能にし、受信者へ正しいメールアドレスからのメールを届けるための手続きとなります。

例えば送信元として表示されるメールアドレスのドメインと、実際の送信元ドメインが異なっていた場合、メールアドレス認証により追加されたメールヘッダー情報で正しい送信者からのメールかどうかを判断することができます。

なりすまし、フィッシングメール詐欺に悪用されないようにするためのとても有効な対策です。
  • Sender ID
    Sender IDとはメールヘッダ項目の一部を検証する Microsoft のプロトコルです。PRA(purported Responsible Address、メール送信者として最終的に責任を負うメールアドレス) を割り出し、送信者情報との照会を行います。Hotmail、Windows Live メールで採用されている認証です。
  • SPF(Sender Policy Framework)認証
    SPFはメール送信サーバーのIPアドレスと、送信元ドメインの "v=spf1" DNSレコードで公開されているIPアドレスを比べる事で、HELOドメイン、エンベロープFROMを認証しています。AOL、Google、Earthlink、Hotmail、その他多数のプロバイダで採用されています。
    SPFの詳細についてはこちらのFAQをご参照ください。
  • ドメインキー(DomainKeys)
    ドメインキーは暗号化した電子署名を利用し、メール送信元のドメイン名の認証を行います。
    DKIMの詳細についてはこちらのFAQをご参照ください


以下参照リンクも是非ご覧ください(外部リンク)

Sender ID:
https://wiht.link/sender-id

SPF:
https://www.openspf.org/
https://www.openspf.org/Tools

DomainKeys Identified Mail [DKIM]:
https://www.dkim.org/
https://www.dkim.org/info/dkim-faq.html
https://www.infomania.co.jp/techinfo/domainkeys.html


ご不明点がございましたらお気軽にサポートまでご相談ください。

この回答は役にたちましたか? print up down



関連FAQ