Gmailの受信箱にはタブ欄があり、メールが自動で振り分けられます。

受信側では「重要なメールがプロモーションタブに入ってしまうのを変えたい」、送信側では「送信したメールをプロモーションタブではなくメインタブに振り分けたい」といったお悩みがあるのではないでしょうか。

今回は、Gmailのタブについての解説と、受信側・送信側それぞれのプロモーションタブへの対応方法についてご紹介します。

Gmailのタブ振り分けは5種類ある

まずはプロモーションタブを含め、それぞれのタブの特徴についてご説明します。

-メイン
個人的なやり取りなど重要なメールがここに振り分けられます。知り合いからのメールや、テキストメール、他のカテゴリーに分類されないメールが表示される、その名の通りメインとなる受信タブです。

-ソーシャル
TwitterやFacebookなどのSNS、メディア共有サイトからのメールが表示されます。

-プロモーション
セールやクーポン情報など広告メールが表示されます。メルマガの多くが振り分けられるタブです。

-新着
利用中のクラウドサービス(Slack等)の新着通知メールや確認書・領収書、請求書メールなどが表示されます。

-フォーラム
オンライン グループ、ディスカッション フォーラム、メーリングリストからのメールが表示されます。

受信したメールをプロモーションタブからメインタブに振り分ける方法

プロモーションタブに入ってしまったメールをメインタブに振り分けるには、3つの方法があります。

1.ドラッグ&ドロップ方法

これはプロモーションタブからメインタブへメールをドラッグする方法です。

gmail受信トレイ

その後同じ送信元からのメールに対し、同じ対応を希望するかどうかメッセージが表示されます。ここで「はい」をクリックすれば、それ以降メールはメインタブへと配信されることになります。

gmail受信トレイ

2. 右クリック方法(MacではControlキー+クリック)

2つ目の方法は、移動させたいメールを右クリック(MacではControlキー+クリック)したら「タブに移動」をクリックし、最後に「メイン」を選択します。

ドラッグ&ドロップ方法の際と同じ、今後の対応に関するメッセージが表示されるので、必ず「はい」をクリックしましょう。

3. フィルタの作成

検索ボックスにてアドレスを検索し、検索バーの右端をクリックして検索オプションを表示します。

gmail受信トレイの検索窓

次に検索オプションのメニューの右下、「フィルタを作成」をクリックします。

gmail受信トレイのフィルタ作成画面

以下のウィンドウが表示され、振り分けられるタブを選択することができます。「メイン」を選択することで、メインタブへ振り分けがされるようになります。

gmail受信トレイのフィルタ作成画面

おまけ:プロモーションタブを無くす方法

おまけとして、プロモーションタブを無くしてしまう方法もあります。

右上の設定画面から、「すべての設定を表示」を選択します。

gmail受信トレイ

「受信トレイ」の設定画面で、カテゴリの中から「プロモーション」のチェックを外し、変更を保存します。

gmail受信トレイの設定画面

こうすることで、プロモーションタブ自体を無くすことが可能です。すべてのメールをメインで閲覧したい方は、メインタブ以外のカテゴリのチェックを全て外してください。

送信したメールがプロモーションタブに入ってしまう場合の対応

プロモーションタブへの配信を防ぐために送信側ができる事として、「ヘッダーのフォーマットを変更する」、「メール内のリンク数は1つに抑える」、「メールに画像を挿入しない」など、これまでいくつかの方法が試されてきました。しかし、まだ効果的な解決法は見つかっていないのが現状です。

送信側でできることは限られている

送信側でできることは、購読者側でGmailアカウントの設定を前述した方法で変更してもらうことです。ですがそれを促すために購読者にその旨をお知らせするメールを送っても、それすらメインタブに届かない可能性は十分にあります。そのためブログやメール以外でのコミュニケーションツールを通して、設定変更の方法をお知らせするのが効果的でしょう。

プロモーションタブのメールは意外と見られている

ちなみにプロモーションタブに入ってしまったメールは全く見られないのか、というと、実はそうではありません。

2021年に弊社が行ったメールマガジン購読状況調査で『Q. Gmailを利用している方へ メインタブだけでなく「プロモーション」や「新着」のタブも開いていますか?』という質問をしたところ、約8割がメインタブ以外も開いて見ていることがわかりました。

メールマガジン購読状況調査結果のグラフ

(参照:メールマガジン購読状況調査 2021年度版

また、スマホのGmailアプリを開いてみると、メインタブの上部に「おすすめのプロモーション」が表示されており、プロモーションタブへの導線が用意されています。

gmailアプリの受信トレイ

この「おすすめのプロモーション」をタップすると、プロモーションタブへ飛ぶようになっています。

また、プロモーションタブの方には、「注目のプロモーション」「その他のプロモーション」と分かれて表示がされています。

gmailアプリの受信トレイ

プロモーションタブに入るメールの中でも、Gmailの機械学習によってこれまでのデータを元に「おすすめ」と見なされたものに関しては、「おすすめのプロモーション」として表示がされるようです。

こうした仕様もあり、プロモーションタブは意外に見られることがわかります。

最善策はしっかり読まれるためのコンテンツ作り

「送信したメールをメインタブに入れたい」というのは、「読者にメールを見逃して欲しくない」ということだと思います。しっかりメールを読んでもらうためには、送信するメールの重要度を読者に感じてもらうことが重要です。そのためにはコンテンツを強化し、読者のエンゲージメントを高めることが必要となります。

読者のエンゲージメントが高まると毎回のメールマガジンの開封率が上がり、メインタブへの受信設定を行ってもらいやすくなりますし、Gmailの機械学習によってプロモーションタブからメインタブへ振り分けられることも期待できます。

効果的なコンテンツ作りには、下記ブログをご参照ください。

ネタ出しどうしてる?メルマガコンテンツの基本的な作り方
コンテンツ要素の定番20個を調査!メルマガには何を載せるべき?
ぜひ真似したい!メルマガのコンテンツアイディア5選

まとめ

今回は、受信側・送信側それぞれのGmailプロモーションタブへの対応方法についてご紹介しました。

ぜひ今後の対応の参考にしてみてください。

(Gmail関連記事)
Gmailの暗号化設定によりメールに対するセキュリティー意識が向上。ーセキュリティーにまつわるTLS、DMARCって何?
Gmail受信画面のアイコンの意味を解説!スターマークと重要マークの使い分けは?