Skip to content

Benchmark Team

Most recent posts
メールマーケティング

iOS15などApple Mailのプライバシー保護方針についてのまとめ 

本記事はBenchmark Email本社のブログ記事 “iOS 15 and How it Will Change Your Email Marketing” を参考に日本のユーザー様向けに書いたものです。 Apple社製品のOSアップデートのリリースにより、ユーザーのプライバシー保護が強化されることが発表されています。 Benchmark Emailのユーザー様にとっては、iPhone、iMac、iPadでのメール購読者に対するレポート機能・A/Bテスト機能・アクションメール機能・EMA(β版)機能への影響が想定されるため、この記事では以下についてお伝えします。 ・Apple社製品のOSとは ・「メールプライバシー保護」機能の概要 ・対象となる読者数は ・影響を受けるBenchmark Emailの機能とは ・プライバシー保護の流れに則したメール配信とは はじめにiOS15のアップデート概要をご説明し、メールマガジンの効果測定やオートメーションの配信にどのような影響があるのか、そして今回のようなプライバシー保護方針の影響を受けにくいメールマーケティングの手法をお伝えします。 Apple社製品のOSとは 一番耳馴染みのあるのは「iOS」ではないでしょうか。これはApple社製デバイスのiPhoneで使われているオペレーションシステムです。 PC製品であるiMacのオペレーションシステムは「macOS」と呼ばれ、iPadでは「iPadOS」が、スマートウォッチであるApple Watchでは「watchOS」が使われています。 今回の「メールプライバシー保護」に関するアップデートはiOS 15、iPadOS 15、macOS...

August 25, 2021

マーケティング全般

サードパーティーCookieの廃止によるWebサイトの追跡方法への影響

本記事はBenchmark Email本社のブログ記事 “The Loss of Third-Party Cookies is a Bigger Issue Than You Think” を元に執筆したものです。   GoogleがサードパーティーCookieのサポートを終了するというニュースについて、多くのメールマーケティングご担当者様も気になっていらっしゃるのではないでしょうか。 GDPRなど個人情報保護強化のトレンドはグローバルで急速に進んでおり、Webサービスへも大きな影響を与えています。今回のサードパーティーCookieの廃止も、Webサイトのトラッキング方法に影響を与えることになると考えられます。 本記事では、サードパーティーCookieの廃止によってWebマーケティングにどのような影響があるのか、そしてどのような対策を取っていくのがいいとされているのかを、メルマガのご担当者様に向けてご紹介します。 「サードパーティーCookie」とは Cookieとは、Webサイトに訪れた人の情報を保管する小さいファイルのことです。あなたのサイトを訪れた人に対して、あなたのサイトから発行するCookieはファーストパーティCookieと呼びます。これはログイン情報の記録や、自社のサイト内に限ったアクセス解析などに使われます。 サードパーティCookieは、Web広告をクリックしたときなど、あなたの会社以外のサーバーから発行されたものを指します。広告をクリックしてサイトに訪れた人の属性を調べたり、広告のターゲットを絞るのにも使用されています。 実際にサードパーティCookieが全面的な禁止をされるわけではありませんが、数年以内に、ほとんどのWebブラウザがサポートを停止する予定です。Firefoxなどの一部のブラウザがサードパーティCookieのブロックを始めていた流れの中で、決定打となったのはGoogleの発表です。Webブラウザ「Chrome」のサードパーティCookieサポートについて、2023年半ばから後半までの3カ月で段階的に廃止する見込みとしています。 「サードパーティーCookie」がWebマーケティングにおいて重要な理由 オンラインマーケティングやWeb広告にとってサードパーティCookieは重要な役割を担っています。事実、産業全体がこの先何年もサードパーティCookieが存在し続ける前提でユーザーにCookieをタグ付けし、分析し、そのCookieに含まれる情報を元にターゲティング広告を表示することで成長してきました。 今後も多くのオンラインビジネスがサードパーティCookieをある程度利用し、そのほとんどはWebサイト訪問者の情報を収集することに使われるでしょう。サードパーティCookieの種類によりますが、最近訪れたWebサイトだけでなく、訪問者の好みや属性、購入履歴など価値ある情報も知ることができます。これによって、企業がさらに関連性のある広告を表示し、訪問者に合ったやり方でビジネスを宣伝できるようになります。 Cookie廃止による影響とは? 主に、以下の3つの点で影響を及ぼすと考えられます。 Web広告の効果分析:サードパーティーCookieを基にした分析やアトリビューション(貢献度)が効率的でなくなるため、広告効果を評価することが非常に困難になります。 Web広告のパーソナライズ化:サードパーティーCookieには閲覧データに関する情報を保管されているため、それに頼っているマーケターにとっては広告をパーソナライズ化することが難しくなります。...

August 16, 2021

HTMLメールデザイン

コンバージョン率UPにつながる?メルマガデザイン紹介サイト8選

更新:2021/5/25 初稿:2017/9 ※こちらの記事は2017/9に公開した記事にアップデート情報を追記したものです こんにちは、デザイン担当のBEDです。 メルマガのデザインは商品の魅力を伝えることや、購入などのコンバージョン率アップに大きな役割を果たします。 そこで今回は、ありとあらゆるジャンルのメルマガのデザインを集めている海外のサイトを中心に紹介します。ちょっと見るだけでも参考になるので、デザインに迷った時に見てもらえると良いと思います。 サイトごとに個性がありますので、検索機能や掲載事例数も紹介します。 一番使いやすい「Email-Gallery」 Email-Gallery 絞り込みフィルタ: 業界 色 カラム数 掲載数:1700通以上 Email-Galleryの特徴 カリフォルニアのデザイナー、Min Kimさんが運営するサイト。有名企業も含め豊富なデザインを紹介しています。バランスが取れているので慣れていない人にもわかりやすく、はじめに見るサイトとしておすすめです。 絞り込み機能がわかりやすく、業種別とカラー別で絞り込むことができて実用的です。1カラム・2カラム・3カラムのカラム別でも調べることができるのはこのサイトだけです。 絞り込みは左上の「Browse」ボタンから行うことができます。また、検索窓にはワードを打ち込むことができますので「Restaurant」などご自身の業界を打ち込んでみるといいでしょう。  ...

May 25, 2021

機能・便利ツール

機能アップデート:Zapier連携に新しい選択肢とテンプレートが追加されました!

こんにちは、Benchmark Emailカスタマーサクセスチームです! この機能アップデート記事では、 Benchmark Emailの最新アップデート情報をお届けします。 BenchmarkEmailはこのたびZapier連携機能のバージョンアップを行いました。Zapierを使ってBenchmark Emailと他のアプリの連携を行う際の選択肢が増え、より活用の幅が広がりました。 また、公式連携テンプレートを17のアプリケーション向けにご用意しましたので、Salesforce・Kintone・Shopify・Google Formsなどのアプリケーションとワンクリックで連携が可能になりました。 Zapierとは Zapier公式サイト 「Zapier」はプログラミング不要でアプリケーション同士の連携ができる月額制のサービスです。Benchmark Emailを含む3000以上のアプリケーションが登録されており、互いに連携させることができます。 トリガーとアクションに選択肢が追加されました トリガーとは、連携動作を発動させる条件を指します。アクションは、アプリに実行させる行動のことです。ZapierではBenchmark Emailをはじめとした各アプリケーションをトリガーまたはアクションのどちらかとして利用します。 例) トリガー:Benchmark Emailで配信停止が行われる アクション:Salesforceのリード情報が更新される...

May 23, 2021

お知らせ

2021年新年のご挨拶 – Benchmark Email

新年あけましておめでとうございます。 昨年はBenchmark Emailをご利用いただき誠にありがとうございます。 2020年には、より効果的なメールマーケティングを行っていただくためのランディングページ作成機能の提供をはじめとして、ダッシュボードやメールエディターの改良など、プロダクトの様々なアップデートを行ってきました。 日本オフィスにおいては通常のサポートに加え、操作解説やマーケティング分野のオンラインセミナー、YouTube動画の配信など、メールマーケターの皆様のお力添えとなるような取り組みをしてまいりました。 2021年もBenchmark Emailユーザー様のさらなる成果向上を目指し、プロダクト、サポートの両面におきましてよりいっそう精進してまいります。 本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

January 3, 2021

メールマーケティング

セグメントしたメール配信でエンゲージメントアップ!セグメント要素と事例を紹介

本記事はBenchmark本社のブログ記事 “Harnessing the Power of Email Marketing Segmentation” を翻訳したものです。 毎日、世界中ではなんと2,000億以上のメールが送信されています。 この数字からも分かるように、メールはマーケティングに必要不可欠なツールです。 しかしながら、メールリストに送ったメールのほとんどは未開封のまま、クリックがされず、コンバージョンもゼロ。そんな失敗例も聞こえてきます。 失敗の原因のひとつとして、リスト内の全員に同じオファーのメールを送っている、ということが挙げられます。各ターゲットの読者に対してメールの内容を変えることはほとんどしないため、送信したメッセージは潜在顧客が毎日受け取る何百通ものメールに紛れ込んでしまうのです。 そこで重要となってくるのが、セグメンテーションです。メールリストを特定の分野にセグメント化し、読者の好みに合わせてコンテンツを作成します。 そのためには、メール購読者の事をより深く知る必要があります。偉大なる孫子は「彼を知り、己を知れば百戦殆うからず」と言っていました。つまり、目標とする市場についての情報が多ければ多いほど、よりうまくセグメント化できるようになり、メールマーケティング の成功へと導く事ができるのです。 今回は、セグメント化するポイントを11個ご紹介します。 1. 場所 セグメント化で最も基本となるのが、場所です。近隣でのイベントやキャンペーン、セミナー情報など場所に合わせたコンテンツを送りましょう。...

October 19, 2020

メールマーケティング

ぜひ真似したい!メルマガのコンテンツアイディア5選

本記事はBenchmark本社のブログ記事 “5 Creative B2B Emails You Hadn’t Considered” を基にしています。 コンバージョン獲得やエンゲージメント強化には、メールのコンテンツからデザインまでを最適化することが重要です。今回は、思わず真似をしたくなるメルマガのコンテンツアイディア5選と、それぞれのポイントを事例を交えてご紹介します。 顧客エンゲージメントの強化と販売マーケティングの目標達成に、ぜひお役立てください。 ウェルカムメール 購入前はもちろん、顧客が商品を購入した後も継続的なコミュニケーションをとることが非常に重要です。認証メールという最初の段階から、商品やサービスを最大限に活用できる価値ある情報をしましょう。 ポイント:クリックしてもらえるように工夫する すぐにでも購入できるように、ウェルカムメールにサポートやデモ、機能の説明などのリンクを貼ることでクリックしてもらうようにします。 事例1:家具屋West Elm社のウェルカムメールは、クーポンコードのリンクボタンを載せることで購読者がすぐクリックできるように誘導しています。 関連記事:平均開封率が50%!ウェルカムメールの効果を最大限に引き出す方法とデザイン事例 イベントやキャンペーン開催の告知メール イベントなどの下準備の段階から開催まで数回に分けてメールを送る事で、購読者とコミュニケーションを取る機会を増やし、行動を起こしてもらえる可能性が高くなります。簡潔で読みやすく焦点を絞ったメールにすると伝わりやすくなります。特に、次回配信する割引クーポンや新商品の発表に使える効果的な戦略です。...

May 25, 2020

メールマーケティング

Gmail上でプロモーションタブに振り分けられてしまう受信メールをメインタブに振り分ける方法

本記事の最新版を読むにはこちらをクリックしてください: Gmailのプロモーションタブにメールが入ってしまう!メルマガを見てもらうために知っておくべき6つの情報 現在Gmailではメールの管理を簡単にさせるためタブ別受信箱を設けています。これによりメインタブに重要なメールだけが自動で振り分けられるようになったのでユーザーは必要なメールを簡単に見つける・管理することができるようになりました。 また、このプロモーションタブによってメールが分類されることにより、迷惑メールと報告されるリスク、苦情を受けるリスクが大幅に減ります。そのことが功を奏し、到達率が高くなっています。ですが、「やはり、せっかく苦労して作成したメールはメインタブで受信してもらいたい!」と思われる方もいることでしょう。 今回はそんなあなたに読んでほしい、Gmailのメインタブに送信したメールを振り分ける方法をご紹介します。 これを実行させるために、今までに送信側ができる事として、「ヘッダーのフォーマットを変更する」、「メール内のリンク数は1つに抑える」、「メールに画像を挿入しないなど」、いくつかの方法が試されてきましたがまだ効果的な解決法は見つかっていないのが現状です。 そこで残された選択肢は購読者側でGmailアカウントの設定を変更してもらうことです。ですがそれを促すために購読者にその旨をお知らせするメールを送っても、それすらメインタブに届かない可能性は十分にあります。そのためブログやメール以外でのコミュニケーションツールを通して設定変更の方法をお知らせするのが一番効果的でしょう。 では以下に3つの設定変更方法をご紹介します: 1.ドラッグ&ドロップ方法 これはプロモーションタブからメインタブへメールをドラッグする方法です。 その後同じ送信元からのメールに対し同じ対応を希望するかどうかメッセージが表示されます。ここで「はい」をクリックすれば、それ以降メールはメインタブへと配信されることになります。   2. 右クリック方法(MacではControlキー+クリック)  2つ目の方法は、移動させたいメールを右クリック(MacではControlキー+クリック)したら「タブに移動」をクリックし、最後に「メイン」を選択します。ドラッグ&ドロップ方法の際と同じ、今後の対応に関するメッセージが表示されるので、必ず「はい」をクリックしましょう。 3. フィルタの作成 検索ボックスにてアドレスを検索し、検索バーの右端の下向矢印をクリックします。次に検索オプションのメニューの右下、「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。この操作で表示されるウィンドウにて、振り分けられるタブを選択することができます。この方法を利用すれば自由にタブを選ぶことができます。   その他の方法...

January 17, 2020

機能・便利ツール

RSS Email機能で最新情報を届けよう

こんにちは、カスタマーサクセスの赤木です。 メディアやニュースサイトの運営者など、巷のニュースや情報の収集に余念がない方に馴染み深いRSSフィードですが、Benchmark Email ではRSSフィードを連携させて、メディアなどの最新情報を配信することが可能です。 なんだか敷居が高そうなRSS機能ですが、今回は設定方法から過去のにユーザーから多く寄せられた質問まで幅広く取り上げてありますので、ぜひこの記事を参考にしてRSS機能を使ってみてくださいね。 RSS Email機能とは RSSはReally Simple Syndicationの略称で、ウェブサイトの見出しや要約を構造化して記述するフォーマットです。ニュースリーダーの購読や、様々なサイトの更新情報を受け取ることができます。 RSSメールを利用することで、フィードやブログの更新を購読者に知らせることができます。 また、RSSメールは更新が行われた際に自動的に配信され、配信頻度は毎月、毎週、毎日といった様に設定することも可能です。 メディアやニュースサイトの運営者や、定期的にお知らせを配信したい店舗やファンクラブなどのサイトをお持ちの方にぜひお試しいただきたい機能です。 設定・操作方法を解説します RSSメール作成〜稼働まで まずはBenchmark Emailアカウントにログインします。左メニューの「メール」をクリックします。 メール作成画面に切り替わるので、右上にある「メール作成」をクリックします。 すると、メールの種類を選択できるので「RSSメール配信」を選びましょう。 通常のメール作成と同様、エディタを選ぶことができます。今回はドラッグ&ドロップ形式にしてみます。選んだら「次へ」をクリックします。...

March 11, 2018

1 2 3 4