Skip to content

Series Posts: Uncategorized

Uncategorized

【老闆任務18】高EDM開信率不是夢,最佳發送時間懶人包!

你知道電子報開信率的及格百分比是多少嗎? 學生時期,60分就算及格;出社會後,過試用期就算及格,那麼EDM開信率的及格分數是多少呢?讓數據來告訴我們吧!以上的長條圖是2010~2018的平均電子報開信率,可以清楚看到比率大概落在20%左右,所以EDM開信率的及格與否,可以用20%作為及格的標準。如果,郵件的寄件人名稱、主旨和預覽內文都寫得十分出色,電子報開信率仍不如預期,該怎麼辦?嘿!先別急著放棄,有沒有想過,或許是發送時間的問題呢? 從現在開始,不用看八卦時辰,也能知道提升電子報開信率的訣竅 初次接觸EDM行銷,不曉得什麼時候電子報開信率才會最好,怎麼辦?測試是一種方法,但是漫無目的的測試只會讓成效逐漸下滑,信心也將隨之一路盪到谷底。所以我找了同事和我一起蒐集每日、每週、每月的EDM開信率以及點擊率的資料,在蒐集資料的過程中,我發現每份EDM開信率資料所呈現的結果都有所差異,最終,取了資料的平均值做呈現。如果沒有提升電子報開信率頭緒的話,希望以下的資料可以幫助你: 每月最佳郵件發送時間 首先,我們先從最大的範圍開始分析,有部分公司會採用定期發送月刊的方式維繫客戶,但是一個月少說有 30 天,如何得知最好的發送日期是哪一天呢?從以上數據可以看到,EDM開信率在月初的時候達到巔峰,而在月中的時候也有一波電子報開信率的高峰期,在圖片的下方,我除了列出EDM開信率的排名,同時也將點擊率一起納入排名中,由此可知,考慮到兩項比率,在1~4號這段期間內發送郵件是不錯的選擇。 每週最佳郵件發送時間 固定在每週發送郵件是許多企業的郵件行銷規劃方式之一,經過統計電子報開信率最好的一天落在星期四,其EDM開信率及點擊率都有不錯的成績,但是我們可以看到,點擊率的第一名卻落在星期日,或許因為隔日要上班的緣故,通常不太會排太多行程,然而,瀏覽信件的時間也相對較長,如果想要測試最佳電子報開信率,除了星期四之外,也可以將點擊率表現出眾的星期日納入排程中,也許會有意外的收穫喔! 每日最佳郵件發送時間 資料顯示,郵件在寄出後一小時內是開信的黃金時間,其EDM開信率會在一小時後會逐漸下滑,直到 24 小時後,電子報開信率幾乎是0 。由此可知,在對的時間寄信就和在對的時間遇到對的人一樣重要!上方數據顯示,最高的EDM開信率與點擊率都落在 10:00 的時候。另外,比較特別的是點擊率的第三名落在23:00,藉此可得知,在此時間發送郵件時,為低競爭的情況,也許將具有相對提升電子報開信率的優勢。所以除了第一順位的10:00之外,也可以將23:00納入發信時間的計畫內。 逢年過節的EDM行銷大戰,你真的跟上腳步了嗎? 藉由上圖綜觀整年企業的郵件發送數量,我們可以明顯地看到從8月份至12月的發送需求逐漸暴增。根據這份資料顯示,在11、12月,各家企業的郵件發送需求量到達最高峰。我認為,其實這樣的需求量有跡可循。無論是哪個國家,於下半年度時,節慶相對較多,例如:雙11、感恩節、聖誕節,以及即將到來的春節…等等,發送的需求增加為可預期之事。若要提升EDM開信率,除了提升郵件發送量之外,可以參考文章中的最佳發送時間做EDM行銷規劃,畢竟有些時候並不是消費者忘記你,而是需要你在對的時間提醒。 提升EDM開信率前,請測試、測試,再測試...

October 29, 2019

Uncategorized

Gmail上でプロモーションタブに振り分けられてしまう受信メールをメインタブに振り分ける方法

本記事の最新版はこちら: Gmailのプロモーションタブにメールが入ってしまう!メルマガを見てもらうために知っておくべき6つの情報 現在Gmailではメールの管理を簡単にさせるためタブ別受信箱を設けています。これによりメインタブに重要なメールだけが自動で振り分けられるようになったのでユーザーは必要なメールを簡単に見つける・管理することができるようになりました。 また、このプロモーションタブによってメールが分類されることにより、迷惑メールと報告されるリスク、苦情を受けるリスクが大幅に減ります。そのことが功を奏し、到達率が高くなっています。ですが、「やはり、せっかく苦労して作成したメールはメインタブで受信してもらいたい!」と思われる方もいることでしょう。 今回はそんなあなたに読んでほしい、Gmailのメインタブに送信したメールを振り分ける方法をご紹介します。 これを実行させるために、今までに送信側ができる事として、「ヘッダーのフォーマットを変更する」、「メール内のリンク数は1つに抑える」、「メールに画像を挿入しないなど」、いくつかの方法が試されてきましたがまだ効果的な解決法は見つかっていないのが現状です。 そこで残された選択肢は購読者側でGmailアカウントの設定を変更してもらうことです。ですがそれを促すために購読者にその旨をお知らせするメールを送っても、それすらメインタブに届かない可能性は十分にあります。そのためブログやメール以外でのコミュニケーションツールを通して設定変更の方法をお知らせするのが一番効果的でしょう。 では以下に3つの設定変更方法をご紹介します: 1.ドラッグ&ドロップ方法   これはプロモーションタブからメインタブへメールをドラッグする方法です。その後同じ送信元からのメールに対し同じ対応を希望するかどうかメッセージが表示されます。ここで「はい」をクリックすれば、それ以降メールはメインタブへと配信されることになります。   2. 右クリック方法(MacではControlキー+クリック)  2つ目の方法は、移動させたいメールを右クリック(MacではControlキー+クリック)したら「タブに移動」をクリックし、最後に「メイン」を選択します。ドラッグ&ドロップ方法の際と同じ、今後の対応に関するメッセージが表示されるので、必ず「はい」をクリックしましょう。   3. フィルタの作成 検索ボックスにてアドレスを検索し、検索バーの右端の下向矢印をクリックします。次に検索オプションのメニューの右下、「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。この操作で表示されるウィンドウにて、振り分けられるタブを選択することができます。この方法を利用すれば自由にタブを選ぶことができます。  ...

September 17, 2017

1 2 3 4 8