Skip to content

Series Posts: メールマーケティング

メールマーケティング

メルマガで法律違反になる前に!「特定電子メール法」を押さえて宣伝・広告メールを配信しよう

皆さんは企業から購入者に向けて、商品やサービスの宣伝および広告するメール(メールマガジンやニュースレター、キャンペーン告知などの形式に関係なく)を送る際に気をつけなければいけない法律があることをご存じですか? 今回は、宣伝・広告メールを配信する際に気をつけなければいけない「特定電子メール法」と、違反しないための対策についてご紹介します。 迷惑メールを規制する「特定電子メール法」とは? 日本には「特定電子メール法」という法律があります。これは営利を目的とする企業や個人が広告または宣伝を目的に電子メールを送信する際の法律で、迷惑メールを規制するためのものです。 つまり商品を購入した人やウェブサイトで資料ダウンロードなどを通じて得たリスト(氏名やメールアドレスなど)に対して営業や宣伝、広告メールを送るには法的なルールがあるということです。 詳細な規則は、下記の総務省によるガイドラインに記載されています。 参考資料:特定電子メールの送信等に関するガイドライン 特定電子メール法の対象は? 広告・宣伝メール全般が、この法律の対象となります。 LINEなど、SMTPやSMSの仕組みを利用しない通信方式に関しては規制対象ではありません。 特定電子メール法に法律違反してしまった場合の罰則 違反をした場合は消費者庁や総務省から「措置命令」が出され、なおかつ措置命令が出された企業の情報も総務省のウェブサイト上に公開されます。また措置命令を無視していると刑事罰として1年以下の懲役または百万円以下の罰金(法人の場合は三千万円以下の罰金)があります。 参考資料:特定電子メールの送信の適正化等に関する法律のポイント メール配信で法律違反となり措置命令を受けた実例 総務省のWEBサイトには特定電子メール法の違反に対して措置命令を出した際に、対象となった事業者名や代表者名、相談のあった特定電子メールの通数、違反内容が詳細に掲載されています。(参照:迷惑メール対策:過去の措置命令) 例えば、電子メールを送信する際に以下の事を怠っていた事で措置命令の対象となっています。 「同意を得ていない」 「送信者の名称を表記していない」 「受信拒否ができる旨等を表示していない」 もし法律に抵触してしまった場合に企業ブランドに傷がつく可能性もありますので、顧問弁護士など専門家に自社の状態を確認してもらうことをお勧め致します。...

July 4, 2019

機能・便利ツール

多言語でのメルマガ配信、複数アカウントの一括管理に!サブアカウント機能の活用例

こんにちは、カスタマーサクセス担当の林です! 日々ユーザー様のお手伝いをする中で、下記のご要望をいただくことがあります。 「日本語だけでなく、英語でもメルマガを作成して配信したい」 「複数のアカウントを持ちたいが、支払いは一本化したい」 今回はこうしたご要望にお応えするための機能、「サブアカウント機能」について活用例を交えながらご紹介します。 サブアカウント機能とは? サブアカウント機能は、メインのアカウントとは別に複数のアカウントを作成し管理できる機能です。 このとき、メインのアカウントのことをマスターアカウントと呼び、契約プランの支払いは全てマスターアカウントでまとめて行う形となります。 仕様についての詳細は、下記FAQをご参照ください。 関連FAQ:サブアカウントとは何ですか? サブアカウントの3つのポイント サブアカウントの特徴は、大きく分けて3つあります。 1. サブアカウントは独立したアカウント サブアカウントは、独立した1つのアカウントです。そのためコンタクトリスト・メール・レポートなどについて、マスターアカウントや他のサブアカウントと連動はしません。 2. アカウントを複数持つ場合に支払いを一本化でき、料金もお得に サブアカウントを複数作った場合も、支払いは全てマスターアカウントで一本化して行います。 また、サブアカウント機能を利用したほうが料金がお得になるというメリットもあります。 例えば、...

June 28, 2019

開封率・到達率

メルマガ平均開封率レポート【最新版】

こんにちは、カスタマーサクセス担当の林です! 当ブログの中でも人気記事の一つであるメルマガの業種別平均開封率レポート【2018年度版】の最新版を作成しました。 効果的なメルマガ配信をするにあたり、「受信者がどのくらいメールを見てくれたか?」は重要な指標です。平均的な開封率の目安としては15%〜25%と言われていますが、業種やターゲット層、コンテンツによって異なってきます。 今回は業種別のメルマガ平均開封率からクリック率・エラー率、受信環境ランキングなどをご紹介します。 業種別のメルマガ平均開封率・クリック率・エラー率 以下はアメリカにおける2018年業界別平均値を示した表です。 業種 開封率 クリック率 ソフトエラー ハードエラー 農業・食品 23.12% 2.69% 0.57% 0.36% 建築 23.13% 2.55% 1.39%...

March 24, 2019

開封率・到達率

メールが届かない?ブラックリストを確認する方法と対処法

あなたのメールアドレスがブラックリストに追加されてしまったらどうしますか?ブラックリストに追加されると、送信したメールで多くのエラーが発生し、メールを届けることができない(迷惑メールフォルダを含め、届かなくなる)という事象が発生します。 今回は、メールがブラックリストに登録されてしまう原因から対処法・登録されない対策までをご紹介します。 →→メールがブラックリストが登録されているかすぐに確認されたい方は、こちらから   メールのブラックリスト登録とは? ブラックリストとは、スパムやなりすましメールを配信している送信者のIPアドレスリストのことを指します。 これらのIPアドレスリストには、通常迷惑メールを配信するスパムや、ウイルスなどのマルウェアを配信する悪質なメール送信者が主として登録されていますが、通常のメール配信を行っていてもブラックリストに登録されることがあります。ブラックリストに登録されると、配信したメールはほとんど届かなくなってしまいます(迷惑メールフォルダを含め、どのフォルダにも入らない状態となります)。 メール配信でブラックリスト登録されてしまう2種類のパターン ブラックリストには、大きく分けて2つの種類が存在します。 1. スパムメール撲滅のために活動している複数の団体(サイト)のブラックリストに登録されたパターン 「ブラックリストに登録された」となるのはこのパターンが大半です。 スパムメール撲滅のための団体(Spamhaus等)のブラックリストに登録された場合、送信先のドメインに関わらずすべてのメールがほぼ届かなくなります。 2. GoogleやYahoo!等、メールプロバイダのブラックリストに登録されたパターン GmailやYahoo!メールなどのプロバイダが、スパムメールからユーザーを守るためにブラックリストへ登録することがあります。 この場合は、特定のドメイン(Yahoo!メールのブラックリストに登録がされた場合はYahooメールのドメイン)宛のメールがほぼ届かなくなります。 メールがブラックリスト登録されてしまう3つの原因 メール送信者のIPアドレスがブラックリストに登録されてしまう原因は、大きく分けて3つあります。 1....

March 18, 2019

メールマーケティング

オプトインメールと大量送信迷惑メール

オプトインメールと大量送信迷惑メール 自分の商品やサービスをプロモーションするためにメールマーケティングを行う人は多くおりますが、「迷惑メール(スパムメール)」と「オプトインメール(購読者よりメール配信の同意を得ているメール)」の違いについて理解していない人もいます。その気持ちも分からなくはありません。このしばらくの間に、オプトインメールと迷惑メールの境界線を曖昧にする送信元が増えてきました。ここでは両方についてご説明します。   迷惑メールVSオプトインメール:その定義は 大量迷惑メール: 迷惑(スパム)メールは、受信者の承諾なしに商売目的で送られるメールの事です。よってあなたが友達や家族、同僚に送るメールは迷惑メールではありません。し かし、もしあなたのメルマガを購読していなかったり、メール配信の承諾を得ていない人へ最新商品やサービスを宣伝したメールを送信しているとすれば、間違いなく迷惑メール扱いされるでしょう。   オプトインメール: あなたの会社やサービスからのメールを受信すると希望した人に配信されるメールの事です。この場合は、承諾を得ている事がハッキリしています。もしあなたの会社と関係のないアンケートで旅行についてメールを受信希望した人達のリストを利用したら、承諾をとった事にはなりません。あなたの旅行会社からのメールを受け取りたいとの項目をチェックボックスでクリックしていたり、署名または何か別の証拠になるもので希望を表明していたのなら、ここではじめて オプトインメールとしてのメール配信が成り立ちます。   オプトインメールの場合 オプトインメールを送る事は受信者の承諾を得たという他に、本当にその情報が欲しい人達にメールマガジンを送っているという事なのです。受信希望に応えて送ったメールでも、まれに迷惑メールとして判断する受信者も中にはいます。そのような場合でも、正式に承諾を得て送信したと、メールのサービスプロバイダに証明 できるものがあるので心配はいりません。   オプトインメールのメリット メールマーケターとしての評価を守る カスタマーのプライバシーを尊重している体制を提示できる 商品に興味を持っている人にメール配信することができる セグメントされたグループにすることで時間とコストを効率化 購読者趣向によりターゲットを限定したメール配信ができる...

March 10, 2019

メールマーケティング

メーリングリストを作る10の方法

メーリングリストを作る10の方法 メールマーケティング担当者として最も重要な取り組みは、しっかりしたメーリングリストを作り出す事だと言っても過言ではないでしょう。それぞれの登録者のメールアドレスをどこでどのように入手したか分かりメール配信の同意を得ているリストである必要があります。 ところで実際メーリングリストを作り出すにはどうすればいいのでしょう?どのようなガイドラインに従えばいいのでしょう?同意を得たメーリングリストを作成するにあたっての注意点を挙げましょう。   1. まず同意を得る 当たり前の事に聞こえるかもしれませんが、正直みなさんも、リストを業者から購入したりレンタルしたり、あるいはインターネットからリストを集めたりしたい誘惑を感じた事はないでしょうか。この方法は絶対に避けて下さい。あなたのサイトに登録フォームを取り付けましょう。そのフォームを利用してメールアドレスを収集し、徐々にリストを増やしていくのです。 カスタム可能な登録フォームや顧客管理ツールを是非ご覧下さい。登録フォームに入力された情報は自動でお客様の顧客リストへ登録されます。   2. 長期的に計画する メール購読者を追加する際、できるだけ長い間購読を続けて頂けるよう長期計画を練りましょう。あなたのサイトやサービスまたは店舗の改善要望などのフィードバックを購読者より将来的に頂くための長期計画と考えてもいいでしょう。信頼関係を築き、長期的に継続できるものを作り出しましょう。   3. お客様を再認識する お持ちの顧客リストをしばらく利用していなかったり、取得してから時間が経過し送信不可能なアドレスが増えてきたら、お客様への再確認が必要です。方法は、再確認メールを送信して、再購読して頂くようお願いします。例えば: 山田様, 今回、当社から毎週発行されているメールマガジン「Benchmark今週のオススメ商品」のメール購読者リストを更新する事になりました。ライフスタイルに必要な商品・サービスの情報を引き続き受信希望の場合は、下記のリンクをクリックして下さい。 メールを見落とす人もいるでしょうから、この再確認メールは何回か送信しましょう。それでもリンクにクリックしない人がいれば、ニュースレターやメールマガジンに興味がないとみなし、リストから外しましょう。再確認メールを送信するメリットは、エラーメールやもう使用されていないアドレスが分かる所です。リストからこれらのアドレスを削除し、再購読頂いたをお客様に注目しましょう。  ...

March 10, 2019

開封率・到達率

Gmailのプロモーションタブにメールが入ってしまう!メルマガを見てもらうために知っておくべき6つの情報

Gmailの受信箱にはタブ欄があり、メールが自動で振り分けられます。「配信したメルマガがプロモーションタブに入ってしまうため、メインタブに入るようにしたい!」と切望するメールマーケターは多いかと思います。 しかしながら、2018年12月にGmailのプロモーションタブの機能に大きなアップデートがあったことをご存知でしょうか。 今回はプロモーションタブの変更点を始め、タブ別の既読率、今後配信したメールを見てもらうために必要なことについてご紹介します。 Gmailのタブ振り分けは5種類ある まずはプロモーションタブを含め、それぞれのタブの特徴についてご説明します。 -メイン 個人的なやり取りなど重要なメールがここに振り分けられます。知り合いからのメールや、テキストメール、他のカテゴリーに分類されないメールが表示される、その名の通りメインとなる受信タブです。 -ソーシャル TwitterやFacebookなどのSNS、メディア共有サイトからのメールが表示されます。 -プロモーション セールやクーポン情報など広告メールが表示されます。メルマガの多くが振り分けられるタブです。 -新着 利用中のクラウドサービス(Slack等)の新着通知メールや確認書・領収書、請求書メールなどが表示されます。 -フォーラム オンライン グループ、ディスカッション フォーラム、メーリングリストからのメールが表示されます。 Gmailプロモーションタブとは? メルマガの多くが振り分けられるGmailのプロモーションタブですが、受信者の目につきやすくなるようアップデートがされています。タブを開いた時に見られるメールのプレビュー画面で、読者の興味を引くためにできることが大幅に増えたのです。 具体的には、下記の表示が可能となりました。...

February 25, 2019

メールマーケティング

メルマガ誤送信後も慌てず対応、お詫びメールの書き方と心得

こんにちは、ブログ担当の伏見です。 みなさんはメールマガジンなどの一斉メール配信をした後に、送ったメールに間違いがあったことに気づいてヒヤっとしたことはありませんか? 配信前の確認漏れだったり、システムに問題があった場合など、メール配信においては人的にもシステム的にも誤送信が起きてしまう可能性があります。 今回はそんなメール配信側の対応により誤送信が起きてしまった時に購読者の方に行うべき適切な対処方についてご案内します。 メルマガ誤送信が起きたら、まずは状況確認 誤送信は購読者から連絡を受けて、初めてその事実に気づく場合もあるかと思います。報告を受けた直後は頭の中が真っ白になってしまい、一刻も早くお詫びの連絡をしなくてはいけないと慌ててしまうかもしれませんが、そこは一度落ち着いて状況確認を行いましょう。 誤送信と言っても状況は様々です。 もしメール配信サービスを利用しているのなら、まずサービス元に問い合わせてみましょう。システムによるエラーなのか、それとも受信側設定によるものなのか、はたまた作成したメール自体に問題があったのかを突き止めましょう。 メルマガ誤送信の原因別/お詫びメールのテンプレート すでに誤送信に気づいている購読者はマイナスなイメージを抱いていることでしょう。 メールが原因で不快な思いや混乱を招いている場合、それを取り除くと共に、起きてしまったことを真摯に受け止めお詫びをするのがこのメールの目的です。 そのため、お詫びメールには細心の注意を払う必要があります。相手の立場を考えて、明確でシンプルなメールを心がけましょう。今回は特に起こりうる可能性の高い内容間違い・送信先間違い・配信遅延の3つのケースを元に、メール対応を考えましょう。 ここでは、抑えるべき内容をセクションごとに分けてご説明します。 1.「内容間違い」の際のお詫びメール例文 【メールタイトル】 【お詫びと訂正】 + メールマガジン表記誤りについて 【冒頭文】 お世話になっております。...

January 16, 2019

1 2 3 4 5 6 7 16