みなさんはGIFアニメーション(動く画像)が掲載されているメルマガを受信したことはありますか?海外のECサイトのメルマガなどではすでによく目にしますが、日本でも少しずつ使われるようになっています。

今回は実際にGIFを貼り付けたメールをBenchmark Emailで配信するまでをご紹介します。この時期なら年末年始のセールメールにすぐ活用できますよ!

メルマガ購読者の目を引くには動く画像、GIFアニメーション

今回のブログでは、こんなメールを配信できるようになるまでを解説いたします。

このように受信時でもGIF(動く画像)が稼働しています。

GIFアニメーションとはJPEGやPNGといった画像の保存形式の一つです。パラパラ漫画のように複数の画像を順々に表示させて動画のように見せることができる他、動画の一部を切り取ってGIFに変換することで、動画をポップに見せられるだけでなく、表示させたいところだけを繰り返し再生することもできます。

またアメリカではIT大手のDellがメールにGIFを加えたことでクリック率42%増、コンバージョン率103%増、109%の利益増加を獲得しているという事例があるなど、視覚的な影響だけではなく成果にも繋がっています。

今回上記のメールのGIFは動画から作成しましたので、動画をGIFに変換します。すでにYoutubeやファイルとして持っている動画をGIFに変換するにはGIPHYがおすすめです。(詳しい使い方は前回のGIF活用ブログをご覧ください)

まずはこのツールを使って、GIFを作ってみます。そしてできたGIFのURLを取り出します。

GIPHYを使って動画をGIFに変換

 

GIPHY操作画面

GIPHYトップページの「Create」から、GIF化したい動画をアップロードします。

GIPHY操作画面
「DURATION」でGIFの再生時間を調整、「START TIME」で元の動画のどこから(〇〇秒後からスタートなど設定できます)GIFを作るのかを決めることができます。設定が済んだら「Continue to Decorate」をクリック。

GIPHY操作画面
前のページで作成したベースとなるGIFにアニメーションやステッカー、画質のテーマを加えることができます。設定が完了したら「Continue to Upload」をクリック。進んだ先のページで「Upload to GIPHY」をクリックします。

GIPHY操作画面
GIPHYでGIFができたら、Copy linkからGIF Linkをコピーします。

GIPHY操作画面(GIFリンク)
次にここでコピーしたリンクをBenchmark Emailに貼り付けます。

メール編集画面内のGIFを貼り付けたい箇所に「画像」ブロックを配置します。

Benchmark Emailエディター画面

「画像」ブロック配置後、「画像をアップロード」をクリックします。

「アップロード」を選択し、画像URLに先ほど貼り付けたGIFのURLをペーストします。

Benchmark Emailエディター画面

すると、GIF画像の貼り付けが完了します。あとは、メールを編集し通常通りの配信設定をするだけです。

メール受信時の画面
このように受信時でもGIFが稼働しています。
(※Benchmark Emailでアップロードが可能なGIF画像のサイズは最大200kbとなります。)

スクショからGIFを作成するには

GIPHY以外にもGIFを作成できる便利なツールがいくつかあります。GIF BreweryはPCにダウンロードして利用できるアプリです。最大の特徴はスクショやPC内臓カメラから動画を作成し、それをGIFヘ変換させることができます。

GIF Brewery操作画面
「Record Screen」を選択すると画面上にフレームが表れます。

右下もしくは直接フレームサイズを調整し、左下の Recordボタンを押すとレコーディングがスタートします。

レコーディングが終わったら「Create」のボタンをクリックしてください。

あっという間にGIFが出来上がります。

今回はこんな感じで、Benchmark Emailの操作画面のスクリーンショットビデオをGIF化してみました。

出来上がったGIFの画像

 

さいごに

今回はGIFの作成からBenchmark Emailに貼り付けて配信までの流れをご紹介しました。アイディア一つで以下のような楽しいメルマガを作ることも可能です。

GIFを活用したNikeのメール
是非、GIFアニメーションを活用してみてください。

(関連記事)